読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くらしのちえ

良いものは作り手の知恵が詰まっています。選んだもので暮らしはつくられます。そんな暮らしの一部を紹介します。

OSPREY キャリーバック(アメリカ)

「スーツケースよりもキャリーバックが便利」

 

 

f:id:kurashi_chie:20160803052732j:plain

・パッキングしやすい

・旅行中の開け閉めがストレスにならない

・軽い

・ポケットが豊富

・車輪が大きい

 

 

ずっと探していたスーツケース。

リモワ(ドイツ)に行き着こうとしていた矢先、考え直した。

 

 

 

「海外の人はソフトケースを使っているぞ」

「世界一周や登山をする旅慣れた人たちはどんなスーツケースを

使っているのだろう…」

 

いろいろなブログ記事を見てみると、どうやら背負えるキャリーケースが

便利という情報。そして「OSPREY」というアメリカのアウトドアブランドが

出てきた。

OSPREY(オスプレー)は1974年にカリフォルニアで生まれたパックメーカー。

ブランド名は創業者兼デザイナーのマイク・プフォンテンハウアーが、

当時、絶滅の危機にさらされていた鳥、オスプレー(みさご)の

優美な姿に魅せられ、ブランド名とロゴに採用したことに始まる。

f:id:kurashi_chie:20160803052836j:plain

 重さに耐えるクッションの入った持ち手

 

f:id:kurashi_chie:20160803052919j:plain

赤いボタンで高さ調整

 

f:id:kurashi_chie:20160803052954j:plain

さて、使ってみて1年。

ハードケースにこだわる理由がないことに気づいた。

あんなに頑丈なケースに入れるほどの物って実はないのでは…と。

 

 

国内はもちろん、海外(スペイン、アメリカ)へ行ったときも活躍。

ソフトケースは不安があるかもしれないが、割れやすいもののパッキングにだけ

気をつければよい。

もし旅の相方がいればハードケース1台、ソフトケース1台の組み合わせで

パッキング内容を分ければよい。

ソフトケースにはトランジットなどで、すぐに使う洗面具やタオル、

ガイドブックや書籍などを入れておけばストレスなくいつでも取り出せる。

割れ物を買ったらハードケースに入れればよい。

f:id:kurashi_chie:20160803053122j:plain

チャックが下まで降りるから大きな荷物もすっぽり

多少パンパンでもソフトケースは無理がきく

 

f:id:kurashi_chie:20160803053207j:plain

大きな車輪は安定感抜群。そして至る所にロゴが。

f:id:kurashi_chie:20160803053246j:plain

f:id:kurashi_chie:20160803053459j:plain

 

2泊3日程度の国内旅行には少し大きく感じる。でもこれ1つで2人分の

荷物が入り、スムーズな車輪の動きはストレスフリー。容量があるのに

ハードケースのように大袈裟な印象にならないのもよい。

 

旅行が身軽で楽しくなる。パッキングが楽になる。

道具ひとつでこんなに旅の解放感が違うとは気づかなかった。

 

OSPREY(オスプレー)  ソージョン28  メタルグレー

OSPREY(オスプレー) ソージョン28 メタルグレー

 

 

 

sponsored links
 

 

---------------------------

「くらしのちえ」を気に入っていただけた方は読者ボタンをポチッと押していただければうれしいです

twitterでブログの最新情報やアイデアを発信しています、こちらもぜひフォローお願いします

 --------------------------

 

 


sponsored links