読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くらしのちえ

良いものは作り手の知恵が詰まっています。選んだもので暮らしはつくられます。そんな暮らしの一部を紹介します。

きみがらスリッパ(青森県)

「足をやさしく爽やかに包む 昭和22年からの特産品」

 

ずっとずっと求めていた室内履き。

お店で、ネットで1年間は探した。ぶらぶらネットで調べてふと

行き着いたのが「きみがらスリッパ」だった。

 

調べてみると

・きみがらとはとうもろこしの皮のこと

・馬の飼料用のコーンを栽培していたのが十和田周辺

・その余剰資源の活用として昭和22年から作りはじめる

・1日に作れるのは熟練者でも2足!

f:id:kurashi_chie:20160802052429j:plain

同じものは2つとない、色も、長さも、幅も。

 

ネットでは販売していないため、直接観光協会に電話。

その後、十和田の物産館に電話をした。

 

道の駅とわだ『とわだぴあ』

 

受注生産とのことで待つこと約2ヶ月。

「できました」との電話があった。

親切な十和田の方が色も選べるようにと数種類仕上げてくれた。

写真をメールに送ってくれて、やりとり。

遠く青森とつながってようやく手にしたスリッパは

とても軽くて足によく馴染む。さらさらの快適さ。

 

f:id:kurashi_chie:20160802054528j:plain

丁寧に力強く編み込まれた作り

f:id:kurashi_chie:20160802054604j:plain

美しい仕上がり

 

履いてみて…

・乾燥させたきみがらのしなやかさは足にやさしい

・よく編み込まれているのでクッション性が高く疲れない

・天然素材で繊維質が素足に気持ち良い

・冬は体温を保持してくれるので暖かい

・デザインがどれも違うので楽しい

・繊維が柔らかく柔軟性が高い

 

f:id:kurashi_chie:20160802054639j:plain

スリッパの裏側。美しい仕上がりは履き心地と連動。

 

限られた作り手で生産されているが

青森にこんなに素敵なスリッパがある。これが昭和22年から続いている

という素晴らしさ。どうして途絶えずに作られたか、履いてみればよく分かる。

一つ一つ、十和田のおばあちゃんたちが作っていると思うといとおしい。

 

 一足、お値段、3240円。

 

sponsored links
 

 

---------------------------

「くらしのちえ」を気に入っていただけた方は読者ボタンをポチッと押していただければうれしいです

twitterでブログの最新情報やアイデアを発信しています、こちらもぜひフォローお願いします

 --------------------------

 


sponsored links