読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くらしのちえ

良いものは作り手の知恵が詰まっています。選んだもので暮らしはつくられます。そんな暮らしの一部を紹介します。

海苔(産地多数)

「毎日食べる何にでもあう万能さ」

 

海苔とお米は黄金の組み合わせだが、海苔は我が家で色々な組み合わせで活躍している。海苔に包んで食べると良いハーモニーに出合うことがある。

 

海苔+豆腐+アボカド+醤油

 

海苔+豆腐+オリーブオイル+塩

 

海苔+刺身+わさび+醤油

 

海苔+山芋+卵黄+納豆

 

海苔+大根おろし+アボカド+味噌

 

海苔+チーズ+ナッツ

 

 

海苔+ポテトチップス

 

 

何でも包む万能さ。

 

海苔は作り手によって違う。有明海の地物の海苔は真っ黒で密度と粘りが強く分厚い。水分の多いものを包んでも頑丈で、おにぎりをくるんだ、しんなりしたのをかぶり付くとびよんと伸びる。太巻きに良く合う海苔だ。値段も1枚10円程度とリーズナブルなものがある。f:id:kurashi_chie:20160814142541j:plain

有明海の真っ黒な海苔

 

 

 

江戸の焼きのりは色が緑色で、繊細ですぐに湿気を吸うが香り高さが素晴らしい。手巻き寿司や熱々ご飯でさっと食べるのに向いている。江戸の食文化が育んだスタイルなのかもしれない。

しかし、最近は江戸前の海苔はすくなく、東京の海苔屋さんでも、

他県の原料を使って作っている。

https://www.instagram.com/p/BIqU3_tDwXR/

きずのり

 

 

sponsored links
 

 

---------------------------

「くらしのちえ」を気に入っていただけた方は読者ボタンをポチッと押していただければうれしいです

twitterでブログの最新情報やアイデアを発信しています、こちらもぜひフォローお願いします

 --------------------------

 


sponsored links