読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くらしのちえ

良いものは作り手の知恵が詰まっています。選んだもので暮らしはつくられます。そんな暮らしの一部を紹介します。

板チョコパッケージは奥深い

たべもの たべもの-名物 たび たび-ポートランド かんがえ かんがえ-旅

 本の装丁のような板チョコパッケージ

少し肌寒くなり、チョコレートが美味しい季節になりました。今年は高カカオのチョコレートがブームでしょうか。新製品をよく見かけます。海外で見つけた工夫溢れるパッケージの板チョコのご紹介です。板チョコのパッケージデザインは書籍の装丁のようなものかもしれません。どんな味がするのか、どんなストーリーがあるのか。「紙+印刷+加工」でそれをよく物語っている気がします。自分が好きなパッケージ、イコール好きな味かもしれない、そう思うと選ぶのがとても楽しくなります。

 

1.シンプルイズベスト

活版印刷とシーリングワックスで仕上げた、型抜きが美しいパッケージ。

https://www.instagram.com/p/BJtVUFYjqR9/

アメリカ ポートランド「cocanu」

https://cocanu.com

今まで出会ったチョコレートの中で一番好きなパッケージでした。見ればみるほど関心です。

 

https://www.instagram.com/p/BLb89DgDBPN/

Instagram

https://www.instagram.com/p/BLb84HUDdEm/

Instagram

裏にはバッチナンバーが記入されている。手作り感があってこれもいい。

 

 2.最小限の印刷。シールと紙の地合いを生かしたデザイン。

こちらも潔いデザインが魅力です。

https://www.instagram.com/p/BJtVbhBD6w5/

アメリカポートランド 「Xocolatl De David ショコラトル・デュ・デイビッド」

 

 3.紙を「S字に抜く」加工で惹きつけるデザイン。

https://www.instagram.com/p/BJtVieyDnqQ/

 アメリカ ニューオーリンズ「SUCRÉシュクレ」

 

ニューオーリンズのスイーツ専門店で作られるチョコレート。マカロンも有名です。

 

 

 4.封筒のような包装に入った12枚の小さな板チョコたち。

封筒は薄い紙+ビニールの組み合わせ。真ん中をシール止め。

f:id:kurashi_chie:20161011202815j:plain

ベルギー「Dolfin ドルフィン」

 

 

f:id:kurashi_chie:20161011202843j:plain

封筒の中には、4フレーバー×各3枚。合計12枚のチョコレートが入っています。すべてカカオ60%以上で構成。チョコレートは、人工的な材料を一切使用せずに作られているそうです。ブレンディングの技術を活かした「フレーバーチョコレート」が得意なようで、フレーバーは強くなく、自然な味です。

 

 

 

チョコレートの世界史 近代ヨーロッパが磨き上げた褐色の宝石 (中公新書)

チョコレートの世界史 近代ヨーロッパが磨き上げた褐色の宝石 (中公新書)

 

 

チョコレート戦争 (新・名作の愛蔵版)

チョコレート戦争 (新・名作の愛蔵版)

 

 

 

 

関連記事

 


 

 

sponsored links
 

 

---------------------------

「くらしのちえ」を気に入っていただけた方は読者ボタンをポチッと押していただければうれしいです

twitterでブログの最新情報やアイデアを発信しています、こちらもぜひフォローお願いします

 --------------------------

 

 


sponsored links