読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くらしのちえ

良いものは作り手の知恵が詰まっています。選んだもので暮らしはつくられます。そんな暮らしの一部を紹介します。

にんにくたっぷり 炙り鳥もつ鍋

新鮮な鶏もつは、焼き鳥が美味しいですが、家で食べるメニューとしては誰でも美味しくできる「炙り鳥もつ鍋」がおすすめです。にんにくと鳥もつのスタミナたっぷりの鍋に体が温まります。もつの様々な食感を楽しんだあとは、最後の濃厚なスープで満腹です。

 

f:id:kurashi_chie:20161214210255j:plain

 

美味しい鳥もつ鍋を作るコツ

⑴にんにくは丸のままたっぷり入れること

丸のままだと薄切りの手間が省ける上に煮込んで、とろとろ状態になっても崩れないのがよいです

 

⑵鮮度の良いもつを選ぶこと

包丁を入れた時に弾力があります

 

⑶もつを数種類ミックスすること

レバー、ハツ、砂肝がおすすめ。中でもハツは入れて欲しいです。

 

⑷もつを強火で炙って鍋に入れること

脂がほどよく落ち、香ばしさが加わります。生でそのまま入れるより断然美味しくなるから不思議です。

 

 

材料

スープ用

・手羽元 4本

・にんにく 6粒

・昆布 カットしたものを4枚

・唐辛子 

・塩麹 大さじ2

・日本酒 カップ1

 

具材

・レバー 100g

・はつ 100g

・砂肝 100g

・キャベツ

・ほうれん草(野菜はお好みで)

 

 

作り方

⑴手羽元を塩麹に漬けておき、材料を全て鍋に入れて煮立たせないように弱火でじっくり煮込む(2〜3時間)

 

※お休みの時や時間があるときに火にかけておくだけなので、先にこのスープだけ作っておけば安心です。

※すぐに作って食べたいときは、煮込まなくてももも肉を入れれば美味しい出汁と具材になります。

f:id:kurashi_chie:20161214210143j:plain

 

 ⑵具材を用意する

f:id:kurashi_chie:20161214210255j:plain

 

⑶フライパンに油をひいて、強火でレバー、ハツ、砂肝をあぶる。焦げ目がつくのが目安。

強火でさっとがポイントです。あとで鍋で煮るので、中が生でも大丈夫。

(お好みで塩こしょうをふる)

f:id:kurashi_chie:20161214210321j:plain

f:id:kurashi_chie:20161214210352j:plain

 

⑶具材を入れてグツグツ。

f:id:kurashi_chie:20161214210418j:plain

f:id:kurashi_chie:20161214210443j:plain

 

3種類の鳥もつの食感を楽しもう

いただきます。お好みで柚子胡椒や粗塩をつけながらどうぞ。

スープを吸ったくたくたのキャベツともつの相性がとてもいいです。

もつを3種類入れるとその食感の違いがまた面白い。

・レバー…やわらかく、ほくほく

・はつ…しっとりきめ細かで、肉を感じる弾力

・砂肝…あっさり、歯ごたえあり

手羽元はほろほろに煮崩れています。

 

 

 関連記事

 

www.kurashichie.com

www.kurashichie.com

www.kurashichie.com

 

 

sponsored links
 

 

---------------------------

「くらしのちえ」を気に入っていただけた方は読者ボタンをポチッと押していただければうれしいです

twitterでブログの最新情報やアイデアを発信しています、こちらもぜひフォローお願いします

 --------------------------


sponsored links