読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くらしのちえ

良いものは作り手の知恵が詰まっています。選んだもので暮らしはつくられます。そんな暮らしの一部を紹介します。

熊本名物「南関揚げ」で作る牡蠣鍋

牡蠣鍋に南関揚げ(熊本名物の油揚げ)を入れたところ、牡蠣のジューシーさと油揚げが吸ったスープの旨味が相まって、絶妙な組み合わせの鍋となりました。

カキフライや牡蠣のオイル漬けが美味しいように、牡蠣は油と相性がいい。牡蠣と油の相性を実現させたい。それを叶えてくれるのが油揚げとの組み合わせでした。

f:id:kurashi_chie:20161218190521j:plain

 

 

南関揚げとは

南関揚げとは油揚げです。四国地方から伝わったと言われ、熊本県南関地方で作り続けられている『南関揚げ』。薄く切った豆腐を揚げるという意味では、一般的な油揚げに似ていますが、豆腐の水分を切って低温と高温の2度揚げでしっかり揚げるため、ほとんど水分を持ちません。袋から開けるとカリカリサクサクで、水分を入れればたちまちもっちりと引きのある食感になります。

冷暗所で保存すれば、常温で長期間保存することができる優れものです。

f:id:kurashi_chie:20161218190410j:plain

f:id:kurashi_chie:20161218190622j:plain

 

 

 

今日の牡蠣鍋

みぞれ鍋がベースの牡蠣鍋です。

 

材料

(具材)

牡蠣

南関揚げ

豚肉

大根

水菜

 

(スープ)

だし

塩麹

薄口醤油

 

作り方

スープを作り、大根おろしをたっぷり加えます。

豚肉を入れて、牡蠣を投入。

最後に南関揚げを入れます。

f:id:kurashi_chie:20161218190442j:plain

f:id:kurashi_chie:20161218190726j:plain

 

具材は都度鍋に入れて、牡蠣に火が通りすぎないよう注意します。

f:id:kurashi_chie:20161218190543j:plain

大きな粒の牡蠣は食べ応えがあります。

 

 

f:id:kurashi_chie:20161218190650j:plain

あつあつで、もっちりとした食感の南関揚げ。

南関揚げが牡蠣の濃厚な旨味を引き立てます。

 

 

 

 関連記事

www.kurashichie.com

www.kurashichie.com

www.kurashichie.com

 

 

sponsored links
 

 

---------------------------

「くらしのちえ」を気に入っていただけた方は読者ボタンをポチッと押していただければうれしいです

twitterでブログの最新情報やアイデアを発信しています、こちらもぜひフォローお願いします

 --------------------------


sponsored links