読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くらしのちえ

良いものは作り手の知恵が詰まっています。選んだもので暮らしはつくられます。そんな暮らしの一部を紹介します。

韓国土産 参鶏湯の美味しい食べ方

韓国土産で頂いていた参鶏湯。ついに開封の日がやってきました。はじめて自宅でサムゲタンをいただきました。これは鍋で楽しむと、鶏のお腹に詰められたもち米がトロトロになり、最後のおかゆまで楽しめる素晴らしい具材だとわかりました。

 

清浄園の「宮中参鶏湯」

贈答用1人前850g。ずっしりと重たいです。空港で購入したそうでお値段は日本円で2000円。なかなかのお値段です。

f:id:kurashi_chie:20170107183042j:plain

食べ方は、湯煎でもレンジでも可能でしたが、今日は土鍋に入れて野菜もプラスします。はじめてのものはワクワクします。

f:id:kurashi_chie:20170107183107j:plain

 

開封

開封すると、出て来ました。鳥まるごと、つるりんと。ゼラチン質とでんぷん質でどろどろっとした感触です。スープはおかゆのように真っ白でした。

f:id:kurashi_chie:20170107183216j:plain

 

レトルトをアレンジしてもっと美味しく

せっかくならば野菜も摂れて、薬味もたくさん楽しみたい。

そう思って追加した具材は

・生姜

・ニンニク

・日本酒

・生の栗(冷凍保存していました)

・キャベツ

・豆腐

 

土鍋にたっぷりの日本酒を入れて、栗、生姜、ニンニクを追加して蓋をしてコトコト。

部屋中に食欲を刺戟する香りが漂ってきました。そこへ、開封した参鶏湯をいれて、すき間にキャベツを入れます。さらに弱火でコトコトすること20分…

f:id:kurashi_chie:20170107183407j:plain

できました。鳥が丸々入って土鍋からあふれんばかりの具材たちに、前のめりになってしまいます。

f:id:kurashi_chie:20170108160237j:plain

 

最後のスープまでしっかり楽しめる鍋 

具材がスープを吸ってトロトロです。鶏肉をほぐしながら食べて行きます。いただきます。うっすらとした塩味です。既製品は塩気が強くて、なかなか好みの濃さにするのに苦労しますが、とてもいい塩梅の塩加減でした。

後で煮詰まってゆくので、最初に薄いと感じても塩は追加しないことをお勧めします。

 

食べ終わって気づいたのですが、参鶏湯は面白い鍋です。鳥丸々の状態が徐々に崩れていく中で、食感の変化や粘度の変化が出て来ます。

 

まずは、鶏肉と具材を食べます。

鶏肉の骨を出す皿を用意して食べます。小さな骨が入っていますので、食べる際は注意が必要です。

そしてほぐしていくと中からもち米やナツメ、栗などが出て来ました。だんだんともち米がスープに溶け出してトロトロ感が増して行きます。

鶏のお腹の中に入っていたもち米が煮詰まり、最後のスープはトロトロの状態になりました。最後はおかゆのような状態になり、ハフハフ食べていると、鍋がからっぽになりました。

サムゲタン、韓国料理屋さんでは、小さな鍋のようなものに入って出てきますが、こうやって土鍋で火を入れながら食べると、最後のおかゆまで楽しめて、面白い鍋になりました。

 

f:id:kurashi_chie:20170108160203j:plain

 

 

鍋の締めは、もち米(または餅)で粘度をつける楽しみ方

参鶏湯、美味しいです。そして、鶏の中に入っていたたくさんのもち米とともにスープをすすると体がポカポカ温まります。

参鶏湯以外の鍋で、もち米(または餅)を活用できそうです。

写真は我が家の切り餅ストック。

f:id:kurashi_chie:20170108192642j:plain

 

例えば、締めの雑炊代わりに使う方法。鍋の最後のスープに、切り餅を小さくカットして鍋に入れると、最後の参鶏湯の様相になります。小さく薄くカットして、冷凍庫に保存しておくとさっと使えて便利です。小さいので火がすぐに通ります。

また新たな発見のある楽しい鍋の時間でした。

 

清浄園 サムゲタン

清浄園 サムゲタン

 

 

関連記事

 

 

 

 

sponsored links
 

 

---------------------------

「くらしのちえ」を気に入っていただけた方は読者ボタンをポチッと押していただければうれしいです

twitterでブログの最新情報やアイデアを発信しています、こちらもぜひフォローお願いします

 --------------------------


sponsored links