読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くらしのちえ

良いものは作り手の知恵が詰まっています。選んだもので暮らしはつくられます。そんな暮らしの一部を紹介します。

「ぬか漬け」の新しい保存方法

自宅で簡単にできるすでに熟成済みのぬか床。

外袋がチャック式の漬物容器になりますので容器が必要なく、冷蔵庫で管理するので毎日かき混ぜる必要がありません。

でも…もっともっと簡単にしたい。

f:id:kurashi_chie:20170205083652j:plain

 

簡単を、もっとカンタンに

こんなに簡単になっているのに、まだまだ億劫。

もっと簡単に、究極に簡単なぬか漬けライフを充実させたい。習慣化するにはカンタンが一番。ということで、行き着いた先はこうなりました。

f:id:kurashi_chie:20170205084454j:plain

 

改善1:横置きから「縦」にする

きゅうり、大根、にんじんなど、長いものをつけることが多いぬか漬け。

横長の容器に、長い野菜を埋め込む場合、野菜を寝せて入れる必要があります。

・でも縦長の容器にすれば、ケーキにロウソクを指すように、ぬか床に野菜をぎゅっと押し込むだけ。手が汚れることも少ないです。

・そして、ぬか床のかき混ぜも箸を使って楽にできます。

・冷蔵庫の野菜室に入れて保管します。横置きよりも場所をとりません。

 

改善2:ガラスの容器で安心管理

「目で見える」ということはとても安心です。状態がわかるからです。

野菜の水分量、カビが生えていないかなど目で見てすぐにわかれば、安心だし愛着もわきます。手遅れになる前に対処もできます。

(継続中のカスピ海ヨーグルトからヒントを得ました)

 

改善3:米麹を足しました

塩気が強く感じたので、米麹を足しました。これで若干塩分を抑えることができると思います。好みに合わせてアレンジすれば、なお愛着がわきます。

 

 

ぬか床の作り方

材料

・熟成ぬか床

・米麹

・瓶

 

作り方:

市販のぬか漬けを用意します。

f:id:kurashi_chie:20170205083652j:plain

中身をボウルに移し、米麹を加えます。(塩加減がそのままで良い場合は、袋からそのまま瓶詰め)

f:id:kurashi_chie:20170205083957j:plain

f:id:kurashi_chie:20170205084028j:plain

ガラス容器の高さまでぬか床を入れます。

f:id:kurashi_chie:20170205084101j:plain

f:id:kurashi_chie:20170205084139j:plain

※容器に入りきれなかった余ったぬか床はビニール袋に入れて冷蔵庫で保存。

つぎ足し用にとっておきます。

f:id:kurashi_chie:20170205084203j:plain

野菜を用意(今日はきゅうり)

洗って水気を切ります。

f:id:kurashi_chie:20170205084232j:plain

瓶にぎゅぎゅっと押し込みます。縦長なので、とても楽チンです。

f:id:kurashi_chie:20170205084356j:plain

表面が隠れるようにぬか床をかぶせます。

f:id:kurashi_chie:20170205084423j:plain

冷蔵庫で保存します。

食べごろは1日〜。待ち遠しいです。

f:id:kurashi_chie:20170205084454j:plain

 

1日置いて、出来上がりました。

取り出すときも、縦型なのでスルスルと抜くように取り出せて、糠が野菜についてきません。これは楽チン。

きゅうりはとてもよく使っていました。

そして、すぐににんじんを仕込み中。

f:id:kurashi_chie:20170208052411j:plain

 

容器を変えるだけのとても小さなことですが、自分にとって何が億劫かを考えて、それを解消してくれる方法が見つかるとすっきりします。

 

今回使用したびんとぬか床は下記の商品です。

1Lの小さい密封びんなので、冷蔵庫に入れても場所を取りません。

セラーメイト 密封びん 1L 220018

セラーメイト 密封びん 1L 220018

 

  こちらのぬか床は、熟成タイプなので毎日かき混ぜる必要はありません。

熟成ぬか床1kg

熟成ぬか床1kg

 

 

 

sponsored links
 

 

---------------------------

「くらしのちえ」を気に入っていただけた方は読者ボタンをポチッと押していただければうれしいです

twitterでブログの最新情報やアイデアを発信しています、こちらもぜひフォローお願いします

 --------------------------


sponsored links