読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くらしのちえ

良いものは作り手の知恵が詰まっています。選んだもので暮らしはつくられます。そんな暮らしの一部を紹介します。

ノンカップ麺おわんうどん(岐阜県関市)

たべもの たべもの-名物

 カップに入っていないけれど、カップ麺のようにお湯を注げば簡単に食べられる。しかも、化学調味料も入っていない。手軽で健康的で美味しい、ノンカップ麺を見つけました。

 

商品コンセプト

国産小麦使用、化学調味料不使用、カップ麺からカップを取り除いたインスタントうどんが岐阜県関市トーエー食品の「ノンカップ麺おわんうどん」です。

この商品は、「カップ麺は、カップのゴミが出るし、袋麺は火を使わないといけない。カップ麺からカップをとりのぞいたらいいのに」という主婦の声がきっかけで1995年から開発が始まったそうです。

カップ麺からカップを取り除くだけだったら、すぐにできるだろうと考えたそうですが、実際は開発に2年かかったそうです。家庭の陶器では、カップ麺のカップと違って温度が下がりやすく、低い温度でも麺がほぐれるようにするのに、様々な試行錯誤を繰り返したそうです。

そして、ジャンクフードではなく、カップ麺のような手軽さを備えた健康的で美味しいノンカップ麺を生み出しました。天然の素材を使って出汁をひいているそうで、スープをすべて飲み干してもいい商品なのです。

 

パッケージ

今回買ったのは、ミニノンカップ麺おわんうどんです。小さなおわんに入れるサイズで、小腹がすいたときに食べるものとしては最適だと思います。 

f:id:kurashi_chie:20170312110745j:plain

 1個160kcalです。岐阜県産業技術センターの調べだそうです。

f:id:kurashi_chie:20170312110626j:plain

 

中には、2つ。

f:id:kurashi_chie:20170312110706j:plain

麺とスープかやくが別々になっています。f:id:kurashi_chie:20170312110645j:plain

 

作り方

作り方は簡単です。カップに麺とスープかやくを入れます。

f:id:kurashi_chie:20170312110726j:plain

 

そして、お湯を注ぎ5分ほど待つだけ。温度が下がらないようにフタをするといいそうです。一味唐辛子をかけてみました。

f:id:kurashi_chie:20170312110805j:plain

具材は油揚げ、わかめ、ねぎです。麺はコシがあります。そして、なによりスープが美味しい。化学調味料不使用なのでスープを全部飲んでも大丈夫です。普通のカップ麺だったら、スープをたくさん飲むとちょっと気持ち悪くなるのですが、このスープはとても美味しい。スープとしても味わえるものでした。

f:id:kurashi_chie:20170312110824j:plain

 

今回、この商品をみつけたのは生協でした。ふだんカップ麺や袋麺は食べないので、どんなものだろうと買ってはみたものの、しまってありました。たまたま小腹がすいたときに、棚の中で見つけて食べてみたら、思いがけずとても美味しかったのです。

 

商品は、うどんだけではなく、そばやらーめんもあるそうです。

 

おわんそばとセットになった商品がアマゾンでも売っていました。

ミニノンカップ麺おわん麺セット

ミニノンカップ麺おわん麺セット

 

 

ミニサイズではなく、普通のサイズのものもあるそうです。らーめん、うどん、そばが全てセットになっているものはこちら。

ノンカップ麺4種詰合せ

ノンカップ麺4種詰合せ

 

 また、機会を見つけて試してみようと思います。

 

sponsored links
 

 

---------------------------

「くらしのちえ」を気に入っていただけた方は読者ボタンをポチッと押していただければうれしいです

twitterでブログの最新情報やアイデアを発信しています、こちらもぜひフォローお願いします

 --------------------------


sponsored links