読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くらしのちえ

良いものは作り手の知恵が詰まっています。選んだもので暮らしはつくられます。そんな暮らしの一部を紹介します。

起業の浮き沈み

安倍政権の地方創生が喧伝される中、日本の起業率を倍増しようという動きがあります。

起業にむけさまざまな取り組みがなされています。その中で、成功したものと失敗したもの両方をみて判断したいところです。起業というと、凄く派手なイメージでなものですが、実際どのようなものでしょうか。起業したストーリーを見て追体験をしてみました。

 

起業は楽しい

まずは、企業が楽しいというストーリーです。

僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。――東大発バイオベンチャー「ユーグレナ」のとてつもない挑戦

僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。――東大発バイオベンチャー「ユーグレナ」のとてつもない挑戦

 

ミドリムシの培養に成功し、上場まで行った出雲さんのストーリーです。航空機向けの燃料にユーグレナを使うという大きな目標をものとに、起業を進めた、出雲社長のストーリーが描かれています。

非常に華々しいストーリーが記述され、起業が楽しいものとして描かれています。

 

起業の苦しみ

 一方では、こちらのストーリー。ワイキューブの安田さんは、一時は成功されて、しかしながら、衰退されしまった、話。

私、社長ではなくなりました。 ― ワイキューブとの7435日

私、社長ではなくなりました。 ― ワイキューブとの7435日

 

 

この2つのストーリーを比べると、かなりな対象的な人生を歩んでいます。どちらも、一時は時代の寵児となっていた。しかし、一方は苦しみながらも成功の道を歩み、一方は、衰退の道を歩む。その衰退の道は非常に困難な道程。

 

この2つのストーリーを比べると、ワイキューブの安田さんの話が非常にインパクトがあります。

このようのな浮き沈みを味わいってもでも、自分の道を歩みたいか。

それは、起業家の考え次第です。しかし、それぞれ、失敗、成功どういう道を歩むのか知った上で、起業というオプションを選ぶべきだと思います。

その意味でも、この対象的な2つの起業家のストーリーを読むととても参考になります。

 

 

 

 

 

 

 

sponsored links
 

 

---------------------------

「くらしのちえ」を気に入っていただけた方は読者ボタンをポチッと押していただければうれしいです

twitterでブログの最新情報やアイデアを発信しています、こちらもぜひフォローお願いします

 --------------------------

 


sponsored links