読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くらしのちえ

良いものは作り手の知恵が詰まっています。選んだもので暮らしはつくられます。そんな暮らしの一部を紹介します。

加藤食品工業の割れかりんとうが買えるお店を調べた

「くらしのちえ」に加藤食品工業の割れかりんとうを買いたいというお問い合わせがありました。この記事を読んでいただいて、ご連絡いただいたのだと思います。 

お店と間違って問い合わせ頂いたのでしょうか。問い合わせいただいたのですが、こちらでは販売はしていません。どうしようかと思いましたが、わざわざお問い合わせいただいたということは、知りたい人が他にもいるかもしれないなと思い、調べてみることにしました。

 

割れかりんとうが買えるお店

加藤食品工業さんにお電話してみました。どこで、加藤食品工業の割れかりんとうが買えるのでしょうかと伺うと、丁寧に調べていただきました。

 

今回、本ブログにお問い合わせ頂いた方が、愛知県ということだったので、愛知県と東京近辺の2つに地域で買えるお店を教えていただきました。

 

東京都

・成城石井 神保町店  東京ドームラクーア店

・クイーンズ伊勢丹 小石川店

・ドンキホーテ小平店

 

愛知県

・ドミー 

・ナフコ 不二家

・バロー

・キンブル 弥富店

 では、現在(2017年4月)販売されているそうです。これらは、一番最近出荷したお店なのだそうです。

 

しかし、残念ながらこれらは一時的な出荷で定番で販売されているものではないそうです。また、問屋さんが販売しているものなので、加藤食品工業さんから直接割れかりんとうを購入する事はできません。

 

「割れかりんとう」、お店で見つけられたらラッキーです。もし、常に身近なお店で買いたいと思うようでしたら、ぜひそのお店の人に常時おいてほしいと問い合わせてみてください。そういう声が沢山集まればお店でも定番として置いてくれる様になると思います。

 

本家は紅葉せんべい

この割れかりんとう、製造工程で割れたものを詰め込んだお得セットだと思っていたのですが、事情はちょっと違うようです。もともと地元で何十年も販売してた商品だったそうです。流通の途中で割れてしまうので本当に地元でしか売らなかった。あるときに、問屋さんが全国に販売するとなったときに、流通でどうやっても割れてしまうのだから、最初から「割れかりんとう」という名前で売るようになったのだそうです。へー知らなかった。袋詰の時から、割れているわけではないのですね。

 

それで、加藤食品工業さんが、昔から自社の商品として売っているのは「紅葉せんべい」という名前のもの。食べてみたいという方は、釜石市に行って買ってください。というと、なかなか大変ですね。釜石市まで行けないけれどでもなんとか食べてみたいという方は別の方法があります。加藤食品工業さんに教えていただきました。

 

「紅葉せんべい」は、釜石市の野村商店さん(0193-31-1211)が発送してくれるそうなのです。

 

紅葉せんべいを購入してみた

せっかく教えていただいたので、購入してみることにしました。3種類の商品が購入可能です。

・紅葉せんべい

・黒糖の味 紅葉せんべい

・上白糖仕上げ 板かりんとう

です。お値段はどれも、約430円ほどでした。

 

こんな丁寧なパッキングで郵送してくれます。

f:id:kurashi_chie:20170402095112j:plain

 

空けてみると、ほら割れていません。

f:id:kurashi_chie:20170402095034j:plain

 

整ったかたちのまま、「割れかりんとう」が食べられます。割れていないので、紅葉せんべいですね。

f:id:kurashi_chie:20170402095140j:plain

 

 

お店で見つけたらラッキーな割れかりんとう

今回、加藤食品工業さんの割れかりんとうについて調べてみました。割れかりんとうは、最初は割れていなくて、流通の途中で割れてしまうから割れかりんとうだというトリビアまで知ることが出来ました。

また、加藤食品工業さんの紅葉せんべいを野村商店さんに郵送で送ってもらって味わうまでやってみると、一枚のかりんとうでもひとしおの美味しさがありました。

ただ、送料は1000円(+代引き手数料)かかるので、お得感はなくなってしまいますね。郵送してもらうのは紅葉せんべいを割れていない形で味わいたい方にオススメの方法ですが、割れててもいいのであれば、割れかりんとうはお店で買うのが一番リーズナブルでしょう。しかし、定番で置いているお店がないそうなので、見つけたらラッキーな商品なのです。そして、そのラッキーな商品に対して、もっとほしいとそのお店の人にまで言う人が増えれば、定番で置いてくれるお店が増えていくのではないでしょうか。

 

さて、今回のお問い合わせから、いろいろと面白い体験ができました。もし、本ブログを読んでいただいている方で何か知りたいということがあれば、何なりとお問い合わせくださいませ。このブログで紹介したものやこのブログから知りたいと思ったものなど、お問い合わせいただければ、時間はかかるかもしれませんが、可能な範囲で調べてみたいと思います。

 

問い合わせ

こちらまでどうぞ。 

sponsored links
 

 

---------------------------

「くらしのちえ」を気に入っていただけた方は読者ボタンをポチッと押していただければうれしいです

twitterでブログの最新情報やアイデアを発信しています、こちらもぜひフォローお願いします

 --------------------------


sponsored links