読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くらしのちえ

良いものは作り手の知恵が詰まっています。選んだもので暮らしはつくられます。そんな暮らしの一部を紹介します。

「特急A列車で行こう」で天草までの景色を楽しむ

熊本から天草に向かう際、「特急A列車で行こう」で熊本から三角に行くのがオススメです。

800系つばめやSL人吉など多くのデザインを手がけられてきたドーンデザイン研究所の水戸岡鋭治さんがデザインをおこなった観光列車。2011年10月より三角線で運行しています。

「16世紀の天草に伝わった南蛮文化」をテーマにデザインがされていて、スタンドグラスを使ったインテリアで落ち着いた雰囲気となっています。そして、この列車の一番の楽しみは、景色です。御輿来海岸を通り抜けるまでの海辺の景色は本当に素晴らしい旅情を味わえます。

 

f:id:kurashi_chie:20170506152542j:plain

f:id:kurashi_chie:20170506152644j:plain

 

予約方法

全席指定席なので、予約しておく必要があります。インターネット予約が便利です。

列車予約サービス 列車予約 | ネット予約トップページ

こちらのサイトで会員登録をして、目的の時間の列車を予約します。1日3便しかないのでご注意を。

予約の際に座席が指定できます。海がよく見える景色は、熊本→三角であれば、進行方向右側です。こちらの席を取れば御輿来海岸の風景がよく見えることでしょう。ただ、反対側からでもよく見えますし、座席以外のシートもあるのでそちらに移動して見ることもできます。

 

車内

2車両編成で運行しており、1号車はカウンターバーがあります。ソファーやベンチもあり、こちらで座って景色を眺める事もできます。

f:id:kurashi_chie:20170506152702j:plain

カウンターバーです。乗車後たくさんのお客さんが列をなしていました。乗務員さんも忙しそうです。

f:id:kurashi_chie:20170506152832j:plain

バーの手前にはちょっとしたカンターになっており、こちらで風景を見ながら飲み物を飲むことも出来るようです。

f:id:kurashi_chie:20170506152723j:plain

2号車は全て座席の車両です。2号車にはボックスシートがあり、3名以上からこちらの席を使うことができます。真ん中にテーブルがあり、広げると広々としたテーブルになります。

f:id:kurashi_chie:20170506152732j:plain

 

 トイレは2つあります。

f:id:kurashi_chie:20170506152747j:plain

 

 

車窓の楽しみ

「特急A列車で行こう 」の楽しみは何と言っても、その景色。海岸線上を走るので、海が見えるのです。

f:id:kurashi_chie:20170506152853j:plain 

 

f:id:kurashi_chie:20170506152935j:plain

 

 

そしてバーカウンターが社内にあるので、こちらで飲み物を購入しながらゆっくりと過ごすことができます。車内は「A列車で行こう」がBGMで流れています。ハイボールを推しているようで、ハイボールサーバーが備えてあります。デコポンのジュースを加えたAハイボールというドリンクがオススメのようです。ハイボールを飲みながら海を眺めるという楽しみ方がいいですね。 ソフトドリンクも充実しています。

f:id:kurashi_chie:20170506152914j:plain

 

おつまみやおみやげも売っています。限定のキーホルダーも。f:id:kurashi_chie:20170506152838j:plain

 

ハイボールを飲みながら、ぼーっと車窓を眺める極上の時間が過ごせます。

f:id:kurashi_chie:20170506152942j:plain

 

「特急A列車で行こう」の乗車時間は約40分。風景を眺めながらドリンクを飲んでいるとあっという間に時間が過ぎてしまい、もっと乗車したいと思うほど、極上の時間が過ごせます。この列車なら移動時間がとても楽しく過ごせることでしょう。

sponsored links
 

 

---------------------------

「くらしのちえ」を気に入っていただけた方は読者ボタンをポチッと押していただければ最新の記事がご覧いただけます。

twitterでブログの最新情報やアイデアを発信しています、こちらもぜひフォローお願いします

 --------------------------


sponsored links