読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くらしのちえ

良いものは作り手の知恵が詰まっています。選んだもので暮らしはつくられます。そんな暮らしの一部を紹介します。

ブレッドアーエスプレッソで朝食を(長崎県長崎市)

長崎は朝の散歩が気持ちいい。朝5時に起き、観光客もほとんどいないグラバー園周辺の坂道をゆっくりと歩く。レンガ、石壁、苔、建物。その雰囲気が懐かしい時代を感じさせる。坂道が程よい運動となり、坂を登った先には長崎の海が見え心を喜ばせる。

f:id:kurashi_chie:20170509170134j:plain

f:id:kurashi_chie:20170509170144j:plain

f:id:kurashi_chie:20170509170153j:plain

朝散歩した後は朝食だ。ホテルで食事を摂るのは味気ない。せっかくなら、外でコーヒーとパンを食べたい気分だった。そこで、ブレッドアーエスプレッソに向かう。

 

ブレッドアーエスプレッソは、スタンディングのみだが朝早くからパンとコーヒーを頂ける。6時30分からオープンしている。朝早くからやっているお店はいいお店に間違いないという直感通りだった。

 

そとには、No Parkingの看板。駐車場はないので車では来ないほうが良い。

f:id:kurashi_chie:20170509165714j:plain

f:id:kurashi_chie:20170509165724j:plain

 

7時30分に到着したが、店内では既に行列ができている。黒Tシャツを来たお店の人がキビキビと働く。どれくらいお店をされているかを聞くと6年目に入ったとのこと。瞳がキラキラした好青年であった。

f:id:kurashi_chie:20170509165733j:plain

パンは全てハード系で揃えている。6時30分からお店をオープンさせるためには、おそらく夜中から仕込みをされているのだろう。行列は絶えず、お店は順調のようである。キラキラした瞳と店内のほどよい活気に気持ち良い気分となる。

f:id:kurashi_chie:20170509165741j:plain

さて何を選ぼうか。いろいろな種類を少しずつ食べ比べしたいところだが、今回はオリーブ(90円)、ショコラ(240円)、フロマージュオリーブ(290円)を注文する。甘いものとしょっぱいものの両方を交互に食べたかった。

f:id:kurashi_chie:20170509165750j:plain

 

店内は石机がいくつかあり、スタンディングで食べることができる。その時間は誰も店内では食べていなかった。カフェラテ(480円)を注文する。店内で食べる旨を伝えると、パンを温めて出してくれる。全て食べきれないと思ったので、ちーさなパンであるオリーブのみを温めてもらい、その他は少しかじって持ち帰るという算段を考える。

オリーブには小さなパンの中に丸オリーブが3個入っていた。このちーさな1つで充分な満足感の得られるものであった。そして、取り皿がまた素敵であった。

f:id:kurashi_chie:20170509165802j:plain

ただやはり今ここで、全部食べてみたいので取り出す。フロマージュオリーブ。

f:id:kurashi_chie:20170509165811j:plain

そして、ショコラをちぎって小皿に載せる。ショコラはチョコチップたっぷりでしっとりとしたガトーショコラのような、それでいてパンであるという不思議な美味しいお味であった。

f:id:kurashi_chie:20170509165820j:plain

 

朝から坂道を歩きちょっとした運動をした後の食事はとてもうまい。満ち足りた気分になれる。長崎は朝がいい。

 

sponsored links
 

 

---------------------------

「くらしのちえ」を気に入っていただけた方は読者ボタンをポチッと押していただければ最新の記事がご覧いただけます。

twitterでブログの最新情報やアイデアを発信しています。フォローいただければ、最新の情報をお届けします。

 --------------------------


sponsored links