読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くらしのちえ

良いものは作り手の知恵が詰まっています。選んだもので暮らしはつくられます。そんな暮らしの一部を紹介します。

広島の鶏皮みそ煮の缶詰のお味見

呉の居酒屋では「みそだき」という鶏皮をみそで煮た食べ物があるということを、この缶詰で知りました。それが、広島のヤマトフーズの鳥皮みそ煮缶詰です。

f:id:kurashi_chie:20170515165925j:plain

f:id:kurashi_chie:20170515165933j:plain

 

味噌ダレを味わう缶詰

缶から取り出して電子レンジで温めてみました。缶から開けたときは、煮凝りのように固まっていました。鳥皮の他に、こんにゃくやネギなどが入っています。見た目はドロドロとしておりますね。

 

f:id:kurashi_chie:20170515165943j:plain

 

具よりもみそがとても多い印象です。このみそダレが美味しい。具ももちろん美味しいのですが、なによりみそダレの味が旨味が濃い。このみそダレをちょびちょび食べながら、お酒を飲んだり、ご飯にかけて食べたりするように作られています。これなら、もしかして、温めずに煮凝り風にして食べても美味しいかも。

 

f:id:kurashi_chie:20170515165954j:plain

 

料理の材料の1つという使い方

今回お味見で一缶買ってみましたが、このお味であれば一缶常備しておいてもいいなと思いました。しかし、一缶200〜300円ほどするので、具の量がやや少ないと感じる人もいるかもしれません。レビューをみても、量が少ないという評価をする人が多いようです。

 

ただ、それを補って余りあるほどの煮汁のうまさがあります。このうまさはなかなか家庭では出せないでしょう。もし具材がすくないと感じる場合は、自分で鳥皮を別途買ってきてこの煮汁を使って鳥皮みそ煮を増量する作戦がいいと思います。鳥皮も一度カリッと炙ったものを入れたら色々な食感が味わえてよいでしょう。そして、大根やにんじんなどの野菜を追加してあげれば、家族で食べられる一品になると思います。そんな風に料理の材料の1つとして使ってもいいし、そのまま食べても美味しい缶詰でした。

 

広島呉名物 鳥皮みそ煮 缶詰 130gx5缶セット
 

  

sponsored links
 

 

---------------------------

「くらしのちえ」を気に入っていただけた方は読者ボタンをポチッと押していただければ最新の記事がご覧いただけます。

twitterでブログの最新情報やアイデアを発信しています。フォローいただければ、最新の情報をお届けします。

 --------------------------


sponsored links