読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くらしのちえ

良いものは作り手の知恵が詰まっています。選んだもので暮らしはつくられます。そんな暮らしの一部を紹介します。

三軒茶屋「カレーブースとんがらし」の豚バラ軟骨カレーをお持ち帰り(東京都世田谷区)

 三軒茶屋にあるカレー屋さん「カレーブースとんがらし」。曰く「細胞が記憶する」絶品カレーを出す、カウンターのみの小さなお店です。

f:id:kurashi_chie:20170517190039j:plain

 

お店

お店は、三軒茶屋駅から池尻大橋に向かって歩いていくと3分ほどの場所にあります。中では女性が一人で切り盛りされています。カウンターのみ7席の小さなお店ですが、周囲はカレーのおいしそうな匂いが漂って存在感があります。

 

f:id:kurashi_chie:20170517190037j:plain

女性が一人で切り盛りというと、若い女性が最近始めたお店かなとおも思うかもしれませんが、1997年からお店をオープンされており、この地で20年も営業されているお店なのです。こちらのサイトをみますと、店主の石川さんの年齢は平成23年当時で72歳、ということは、現在の年齢は・・・。ご高齢にも関わらず、元気よく接客なされておりました。とても、その年齢には見えないです。

 

シニア倶楽部|本格カレーの店 とんがらし

 

こちらのオススメは、豚バラ軟骨カレー。このカレーは「細胞が記憶するカレー」なのだそうです。

今回、ランチ時を外して三軒茶屋に用事があったため、お店では食べず、お持ち帰りをすることにしました。

以前は、ご飯もセットでテイクアウトもできたようですが、今はルーのみテイクアウトできます。

 

カレーのお味

豚バラ軟骨カレーをテイクアウトしました。テイクアウトする際には、冷蔵庫で2日は持つと伝えられました。

どんな容器でお持ち帰りが出来るのかなと思っていると、透明なビニール袋を二重にしてその中にカレーを1人前入れてくれます。なんだか、東南アジアの屋台でテイクアウトするみたいな気分で楽しいです。

お持ち帰りのルーは600円。お店で食べると900円ですので若干安いです。

(お店はサフランライス、サラダ、デザートの愛玉子が付きます)

 

さて、そのお味ですが、想像とはちょっと違うお味でした。ルーはかなり甘めでさらさら、そしてトマトお味が濃い。

豚バラはホロホロでありながら、旨味が残っているので食べても美味しいです。軟骨感はほとんどありません。

f:id:kurashi_chie:20170517190042j:plain

あまり食べたことがないタイプのカレーです。特に甘さが印象に残ります。最初食べると、甘さが全面に出る印象なのですが、食べるうちにスパイスの香りや豚バラの旨味が混ざりあって、もっと食べたいとなるカレーです。「細胞が記憶する」というキャッチフレーズのとおり、はじめて食べたのですが、また食べたいとなる不思議なお味のカレーでした。 

sponsored links
 

 

---------------------------

「くらしのちえ」を気に入っていただけた方は読者ボタンをポチッと押していただければ最新の記事がご覧いただけます。

twitterでブログの最新情報やアイデアを発信しています。フォローいただければ、最新の情報をお届けします。

 --------------------------


sponsored links