読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くらしのちえ

良いものは作り手の知恵が詰まっています。選んだもので暮らしはつくられます。そんな暮らしの一部を紹介します。

猫の浮世絵だけを集めた本「江戸猫 浮世絵猫づくし」

 面白い本を見つけました。猫の浮世絵だけを集めた「江戸猫 浮世絵猫づくし」です。

https://www.instagram.com/p/BTf0670F95g/

素晴らしい本。江戸猫浮世絵猫づくし。猫の浮世絵だけで編集された本です。

 

昔から猫を愛でていた日本人

素晴らしいコンセプトの本だと思います。猫好きにはたまりません。

 

例えば、こんなものが載っています。歌川国芳「たとえ尽の内」。猫の習性から生まれたことわざを、絵にしているのです。

https://www.instagram.com/p/BTf1Sb_leHY/

 

猫にかつお節、油断ならないこと。

猫を被る、知らぬふりをすること。

猫の尻に才槌、寸法が合わず釣り合いが取れないこと。

猫に小判、貴重なものを与えても本人には、その値打ちがわからないこと。

 

 

章ごとに

第一章 日々猫 猫は毎日生きている

第二章 いたずら猫 猫があそぶ、猫であそぶ

第三章 じゃれ猫 猫だって美人が好き

第四章 はたらき猫 もし猫の町があったら

第五章 ワル猫 やっぱり猫はおそろしい!?

 

表情のかわいい猫あり、擬人化した猫あり、猫の寄せ絵あり、美人と一緒の猫あり、お化け猫ありとさまざまな角度から猫が出てくるのです。こりゃたまらんのです。

 

猫づくしの浮世絵の創造力に圧倒されます。浮世絵の世界に興味がなかった人も、この世界観の面白さに引き込まれていくことでしょう。そして、浮世絵×猫という切り口で出されたこの本の企画力、編集力が素晴らしいですね。この本によって、猫好きの人が、今度は浮世絵も好きになる力を持つ本だと思います。

 

江戸猫 浮世絵 猫づくし

江戸猫 浮世絵 猫づくし

 

  

 

 

sponsored links
 

 

---------------------------

「くらしのちえ」を気に入っていただけた方は読者ボタンをポチッと押していただければ最新の記事がご覧いただけます。

twitterでブログの最新情報やアイデアを発信しています、こちらもぜひフォローお願いします

 --------------------------


sponsored links