くらしのちえ

良いものは作り手の知恵が詰まっています。選んだもので暮らしはつくられます。そんな暮らしの一部を紹介します。

メジマグロ

本鮪の子供、メジマグロ。 2月、3月が過ぎ、4月に入ると、冷凍物ではないマグロが食べられる時期になってきた。

たけのこと牛肉の山椒炒め

たけのこと牛肉を炒める。そこに山椒が加わるとピリっと締まる。

ハンバーガー

パン屋さんでパンズを購入して、ハンバーガーを作る。中には雲仙ハムをカットして焼いたもの、レタス、トマト。 これがなかなか。とくに雲仙ハムの食感と脂が良い。

タラコスパゲティ

熱々に茹でた、スパゲティにバターとタラコを和えるだけ。 味付けは、バターとタラコの味のみ。 シンプルな料理が美味しい。

はるまき

たけのこのはるまきと、カニカマのはるまき。春に食べるはるまきは美味しい。

ブロッコリーの和え物

茎の長いブロッコリーの和え物。野菜が美味しい春が来たものだ。

グレース

西荻窪のケーキ屋さんのグレース。 このお店は、ふんわりとしたケーキが特徴。時期により、さまざま美味しいものがあるが、通年であるチョコレートケーキは生地に小麦粉を使わず、儚い食感が堪らない。

ニンニクの芽

時期限定のニンニクの芽。春の味覚。

本むら庵

本むら庵のなめこそば。 傘だけのなめこがたくさん。

かた焼きそば

かた焼きそばを久々に食べる。 あんかけで柔らかくなっている部分とパリパリの部分と、その食感のグラデーションがとても面白い食べ物だ。

アスパラガス

茹でただけで美味しいアスパラガス。 塩か、マヨネーズで。

昆布締めを冷凍にする

昆布締めにしたものを冷凍にしておけば、案外食感は変わらず、美味しく食べられる。一つ便利な方法である。

焼き鳥の金串有次

京都の有次の金串。 使う機会なく、ずっと保管してあったが、鶏一羽購入して捌くという際に、焼き鳥用に使ってみる。 グリルで焼く際に、串が焦げないのが利点。 欠点は焼き鳥屋さんで食べるつもりで串を持つと火傷してしまう。つい、癖で何度か火傷しました…

紅葉子

スケソウダラの卵巣を塩漬けしたものを紅葉子という。 たらこより、紅葉子という方がなんとも風流な名前だ。 水分が抜けていて、しっとりとした食感がなかなか良い。

湯葉

汲み上げ湯葉。食感、風味ともによく、わさびと醤油がとても合う。

チョコアスパラガスビスケット

アスパラガスビスケットにチョコレートがかかったものである。 小さなビスケットで、手軽におやつ。 コーヒーのお供に。

ネギと切り干し大根の卵焼き

平な卵焼き。

フェットチーネ

ソースがよく絡むフェットチーネ。 生麺でモチモチ。

雲仙ハム

旨味と塩気のバランスの良いハム。ハンバーグのような食感も良い。 焼いて食べるのがおすすめ。

南インドマグロ

春はマグロがなかなかない。 南インドマグロを手に入れてホクホク。 天然生マグロの刺身は本当に美味い。

モッツァレラチーズ

ゆで卵のような見た目なモッツァレラチーズ。 ふわふわで柔らかく脆い食感がとても儚く繊細。

春巻き

春巻き。少量の油で揚げる。チーズにカニカマ。とてもご馳走である。

ホタルイカと菜の花のオイル煮

ホタルイカは丁寧に目と口と軟骨を取る。菜の花を食べやすくカットし、鷹の爪、ニンニクを入れてオリーブオイルで煮る。春の味覚。

久々に美味しい鰹を食べた。 鰹を買うときはよくよく見極める必要がある。美味しそうな鰹が売っている時にだけ買う。 美味しい鰹は生臭さがなく、マグロに近い。

チーズの楽しみ

さまざまなチーズが手元にあると楽しみが増える。チーズは奥が深い。

ホタルイカの下処理

ホタルイカを美味しく食べるコツは、目と口と軟骨を取り除くこと。 この一手間で、口の中に固いものが残らず美味しく食べられる。 冬から春にかけて、美味しいホタルイカ。旬のタイミングを逃さず味わいたい。

デカルネロカステ

可愛い絵柄のカステラ。 しっとりさと食べ応え両方兼ね備えている。甘さやや控えめ。

チャーハンの隠し味

このチャーハンの隠し味は、ハム。ハムはハムでも、イタリアの生ハムのブロックを冷凍にして少しずつ切り出して隠し味にしている。 このプロシュットが特別な旨味を醸し出す。

砂肝と手羽先鍋

砂肝と手羽先鍋。白菜に玉ねぎ。 砂肝のサクサク、手羽先ホロホロ。食感の組み合わせ。

手羽元の煮付け

マーマレードが隠し味。


sponsored links