くらしのちえ

良いものは作り手の知恵が詰まっています。選んだもので暮らしはつくられます。そんな暮らしの一部を紹介します。

ベビーシュークリーム マサムラ(長野県松本市)

松本に行く楽しみのひとつは、マサムラでシュークリームを食べること。 松本市内にいくつか店舗がありますので、気軽に買いやすい。 マサムラのシュークリームを買い込み、冷蔵庫に入れたあと夜は外食。 ホテルに帰ってきたあとのあとの楽しみがこれ。 ベビ…

フルーツチョコレート 新宿高野

新宿高野のフルーツチョコレート。 小さな包みにころんと丸い真珠のようなフルーツ味のチョコが可愛い一品です。 ストロベリー。 マンゴー。 バナナ。 レモン。 ミルク。 このほか、メロン、ブルーベリーの7種が混合されたパッケージで販売されています。 お…

キーマ牛豚豆 ホンカトリー

御茶ノ水駅から10分ほど歩いた住宅街にある、創作カレー屋さんのホンカトリー。 メニューは2品だけ。魚系、肉系。1000円。彩り華やかなライスが特徴のちょっと変わったカレー屋さん。 この日は、ブリマリネ、キーマ牛豚豆の二種。前回来た際に、ブリマリネ頂…

買った食器を新幹線で使う

京都の骨董屋さんのインスタグラムを眺めていると、これはいいと思ったのが、新幹線で買った骨董品で一杯という写真です。 ものは買った瞬間が一番テンションが上がっていて、使えるものならすぐ使ってみたいもの。その骨董屋さんは、買った盃でハイボールで…

上野うさぎやのどらやき

どらやきが好き。であるならば、外せないのがうさぎやのどらやき。 うさぎや どらやき(東京都台東区) - くらしのちえ うさぎやは、日本橋、上野、阿佐ヶ谷のお店があります。 今回紹介するのは上野のうさぎや。 ぽてんとしたフォルムがたまりません。 うさ…

支倉焼 ふじや千舟(宮城県仙台市)

仙台のお土産といえば、まず思い浮かぶのは萩の月でしょう。 あえて、お土産として食べ慣れている萩の月ではなく、その土地でやや隠れたお土産を買うことが楽しいので、いくつかリサーチした結果、支倉焼をお土産にすることにしました。 支倉焼 l ふじや千舟…

訪日外国人の功罪

新幹線に乗ると、よく目につくのは外国人。車両の半分以上が外国人ということもあり、ここは海外?と思うこともあります。 日本に来て消費をすることで、広く日本経済に貢献してくれているということなので、外国人が日本を訪れているというのはそれ自体いい…

久しぶりに読んだ『夢をかなえるゾウ』

久しぶりに読んだ『夢をかなえるゾウ』。 発売時期に話題になっていたときにすでに読んでいましたが、もう一度読み返してみることに。すでに、手元になかったので、古本屋で購入。 自分を変えたいという主人公。関西弁をしゃべるガネーシャが様々な教え=課…

常連になるということ

長野のお蕎麦屋さんに向かう。 長野に行くと、ここで食べることに決めている。 席に座ると、何も言わなくてもなめこおろし、酒、そば、漬物、花豆が出てくる。ここはそういうお蕎麦屋さんなので、常連でなくてもその構成である。 年に数回しか来ないお店でも…

上親子丼 鳥つね湯島天神前本店(東京都文京区)

湯島天神に絶品の親子丼を食べさせる店があると聞き、やってきました。 鳥つね湯島天神前本店です。 ランチタイムは、上親子丼、上親子丼セットのみ。セットはサラダと、手羽先の唐揚げが付きます。上親子丼が1500円、上親子丼セットが2600円です。 上親子丼…

肉まん 神楽坂五十番

神楽坂にある肉まんのお店、神楽坂五十番。とにかく大きなサイズの肉まんが特徴です。 自宅で食べるのであれば、断然蒸し器で温めるのが美味しいです。 カットしてわかる、皮の厚さと具沢山。 皮は甘め、ふかふか。餡には、キャベツなどの野菜と共に、豚肉が…

さえだ たちばな(東京都中央区)

手軽に買えないからこそ、ありがたい手土産。 銀座にはそんなお店がいくつかあります。 今回は、たちばな。 かりんとうのお店です。 ビルの一角にある、お店。 ここだけ見ると、銀座のビルとは思えません。 かりんとうは2種類のみ。ころ、さえだ。同じ原料を…

歩みをスローに

毎日が早く過ぎていく。やるべきことに追われて、充実する。一方で、本当に重要なことに目を向けられていないことも知っている。 忙しいときほど、歩みをスローに。逆説的だが、心のゆとりがなければ、本質を見失う。ゆっくり休む日も必要だ。

仙臺牛たん 貴

仙台は牛タン屋さんがとても多いです。 元々は、太助の店主が牛タンを定食で出したのが始まりと言われており、そこからいろいろなお店が牛タンを出すようになったそうです。 牛タン定食は、麦ご飯、テールスープがセットになったもの。 これまで、太助は行っ…

足るを知る

「知足者富」足るを知る者は富む 老子の言葉と言われています。 満足しようと思うと、限りがなくなります。一つのものを得たら、もっと上のものがあると思ってしまうからです。これは人間の素直な欲求で、だからこそ人類がここまで発展したのだと思います。 …

東京から仙台まで、新幹線に乗るならはやぶさよりもこまち

東北に行く機会はあまりなく、新幹線のことをよく知らずに生きてました。 今回、仙台に行く用事があり、新幹線の予約をしたのです。 やまびこは約2時間、はやぶさ、こまちは1時間30分。早く着きたいので、はやぶさ、こまちの電車を選択です。 はやぶさとこま…

実験精神の店 ホンカトリー

ホンカトリー。御茶ノ水駅から、10分ほど歩いた住宅街にある、実験精神に溢れた面白いカレー屋さん。 毎日、日替わりの2品のカレーから選択できます。価格は1000円。 この日は、ブリマリネと合鴨の2種類。お店の前の小さな黒板を見ながら、今日は無難な合鴨…

戦わなければならない時

なるべくなら、平穏に過ごしたい。でも、ここぞという時には戦わなければならないのです。 相手にとって、組織にとって、自分にとって、これではいけないということを指摘しなければならない場面。 面倒なことを言ってきて。相手はそう思い、できれば対応し…

黒担々麺 瀬佐味亭

文京区本郷にある瀬佐味亭。 ここは、せさみていという名前の通り、胡麻を使った魅力的な担々麺をいただけるお店です。 担々麺にはいくつか種類があるのですが、特に好きなのは黒担々麺。 黒胡麻使った担々麺で全体が真っ黒。 写真は普通の黒担々麺ではなく…

起きあがり豆やっこ 銀座まめはな

東京のお土産の定番となった、東京ばな奈。あるいは、シュガーバターの木、ねんりん家はすべて同じグレープストーンという会社がこれらブランドを作っています。 銀座まめはなも、その一つ。 前回、以下のお菓子を紹介しました。 www.kurashichie.com 今回紹…

手造りプリン わたなべ牧場(島根県安来市)

ちょっとした作業を自分でやることが喜びに繋がります。 わたなべ牧場の手造りプリンのカラメルソースは醤油のボトルに入っていて、それを自分で注ぐという作業を自分でやること、このプリンの魅力はそこに尽きると思います。 わたなべ牧場 ~皆さんの健康を…

さくさく揚せんべい はなほたて 銀座まめはな

東京のお菓子としてのポジションを確立している、東京ばなな、シュガーバターの木、ねんりん家。これらは全て同じ会社グレープストーンのブランドなのです。 たまたま、もらったお菓子のことを調べてみるとこのお菓子もグレープストーンのブランドでした。 …

お盆の効能

食卓のお盆。食器を運ぶため。 そこでお皿を乗せ食事を食べるために使う道具である お酒を飲むときには小さなお盆に、小皿や盃を乗せるとよい。 テーブルで皿を乗せて食事を頂くときとは違う雰囲気になる。そこに、一つの間が生まれる。 お盆に区切られた間…

ストロベリーチョコ 六花亭

北海道で定番のお菓子はいっぱいありますが、六花亭はその一つでしょう。 〈公式〉六花亭 六花亭は、マルセイバターサンドが最も有名ではありますが、その他にも魅力的な商品がいっぱいあります。 今回紹介するのは、ストロベリーチョコです。ドライフルーツ…

神宮白石クッキー マザーフルーツ(三重県伊勢市)

伊勢神宮の遷宮行事の一つ、お白石持(おしらいしもち)というものがあります。 伊勢神宮の正殿の敷地に白い石を敷き詰める行事です。 この白い石にちなんで、できたクッキーが神宮白石クッキーです。 神宮白石クッキー | 有限会社マザーフルーツ コロンとし…

コメダ珈琲のモーニング

近くにコメダ珈琲があると、とても便利。 朝、早く出て朝食を家で食べられなかった。でも、少し食べたいとき、コンビニでサンドイッチを買うこともできますが、コメダ珈琲に向かいます。 よく頼むのはミルクコーヒー。選べるモーニングはA定番ゆで卵。 トー…

チーズクッキー SHOZO COFFEE

コーヒー屋さんから地域が活性化する。そんな典型的なお店が、SHOZOです。 www.kurashichie.com SHOZOのチーズクッキーをお土産にいただきました。 小麦粉、チーズ、バター、米粉、卵、牛乳、砂糖、塩が原材料です。 チーズの香り、しょっぱさあるクッキーで…

豚まん 551蓬莱

関西にしか出店をしていない、肉まん、しゅうまい、餃子の551蓬莱。 551蓬莱オフィシャルサイト [ 大阪名物 豚まん・肉まん ] たまに催事で東京のデパートに出店した際は大行列になります。 関西の通常店舗で買うときも列ができていることが多いですが、店員…

元祖柿の種 ピーナッツ入り 浪花屋製菓

柿の種といえば、亀田製菓が有名です。しかし、柿の種の元祖は、浪花屋製菓なのです。 浪花屋製菓 1923年に、うるち米の煎餅を作っていたのですが、小判型の煎餅用の金型を創業者の今井與三郎の奥さんがうっかり踏んづけてしまい、歪んだ形になったのだとか…

若菜きんとん ささま

最中で有名なささま。 御菓子処ささま 毎月替わりの生和菓子もとても美味しいです。 1月の和生菓子|御菓子処ささま 今回、紹介するのは、若菜きんとん。 こし餡の周りに裏ごしした白と緑の餡で若菜を表現したもの。 丁寧な裏ごしで、サラサラとした食感です…


sponsored links