くらしのちえ

良いものは作り手の知恵が詰まっています。選んだもので暮らしはつくられます。そんな暮らしの一部を紹介します。

たべもの

みなみの伊勢うどん

コロナの影響で旅行ができない。旅行の楽しみは食である。旅行ができないなら、食の方から来てもらおう。すこしずつ、各地で食べたいものを取り寄せている。 最初に取り寄せたのが伊勢うどん。伊勢うどんはずっと昔に食べたことがあったが、あまりいい印象に…

手巻納豆のお菓子

手巻納豆のお菓子が大変美味しい。 ドライ納豆が海苔で巻いてあるものなのですが、乾燥した納豆が食べているうちに本物の納豆のような食感に戻ります。 小さなお菓子で、一口食べると止まらない。 成城石井やカルディなどのお店で買えるもの。価格はちょっと…

ハモフライ

天草で取れたハモのフライ。 大きめのハモは身がふわふわとしていて、食べ応えがある。

ネバネバ元気うどん

お昼にはうどんが多い。野菜を中心に、納豆と卵を入れて、まぜまぜ。 この粘り気が、元気のものと。

ネバネバうどん

トロロ、納豆、黄身、大根、きゅうり、えのきでネバネバうどんを作る。 うどんは、そうめんに近いものでねばねばがよく絡んでいい。 少し暖かくなる陽気に元気の出るランチ。

鯖缶とトマトのスパゲッティ

鯖缶とトマトを使ったスパゲッティ。 紫キャベツの汁を入れると、スパゲッティの色味がワインレッドになった。

酒粕クラッカー

酒粕クラッカーを作る。チーズのクラッカーよう。サクサク面白い。

ポッサムで肉まん

ポッサムを作り、余ったものを肉まんに流用。 ざく切りにしたポッサムと高菜を包んで、蒸しました。 ポッサムと高菜の塩気がとてもいい塩梅。この肉まんは定番になりそうです。

アレンジポッサム

実物は食べたことのない、ポッサム。 アレンジで作った、ポイントは塩麹につけて、蒸すこと。 旨味の強い豚肉がたまらない。

マヨネーズレモンソース

ドレッシングの代わりに、マヨネーズレモンソースが春野菜に合う。 マヨネーズ3、レモン1、塩胡椒少々。 これだけで立派なソースが出来上がる。

グラッパ ダンディゾン

ホワイトラムにつけたサンマスカットレーズンがぎっしりいっぱいのグラッパ。 みずみずしく甘いレーズンがたまらない。ご褒美なパン。

牛タンシチュースパゲッティ

レトルトの牛タンシチューをスパゲッティに。 玉ねぎやトマトなどを加えると豪華な一品になる。

イカを洋風に

美味しいアオリイカが手に入り、熟成させながら複数日に渡って美味しくいただきました。 ただし、イカを醤油と山葵で食べるのではだんだん飽きてきます。 そこで、イカを洋風にしていただくとまたこれが美味しい。 短冊切りにしたイカに、ディル、オリーブオ…

アオリイカの美味しい食べ方3 切り方

新鮮なアオリイカを手に入れる。その時、どのように美味しく食べるか。 第一に、寝かせる。鮮度が良すぎると、アオリイカ特有のねっとりした食感が味わえない。 第二に、薄皮を引く。表面の皮だけではなく、その下に硬いゴムのような食感の皮がある。これを…

アオリイカの美味しい食べ方2 薄皮を引く

新鮮なアオリイカを手に入れた。これをおいしく食べるには? 第一に、1日寝かせる。これで、ねっとりとした食感と旨味がでてくる。 加えてやらなければならないのは、薄皮を引くこと。 アオリイカには、外側の表面の皮のさらに内側に一枚薄い皮がある。この…

アオリイカの美味しい食べ方 1 寝かせる

さっきまで生きていた、新鮮なアオリイカを手に入れる。 そこで実験。どのように食べるのが美味しいか。美味しい食べ方を体験してみる。 まず、アオリイカを刺し身にして食べる際に重要なのは寝かせること。 これはさっきまで生きていたアオリイカを1時間以…

さざえご飯

新鮮なさざえが手に入った。刺身や壺焼きも美味しいが、長崎天ひろさんに教えてもらったさざえご飯でいただいた。 水の代わりにかつおだしを入れて、さざえを切って入れてご飯を炊く。 かつおだしの良い香りと、さざえの歯応えがたまらない。なんとも、贅沢…

奴寿司(熊本県天草市)

小山薫堂さんが、おすすめしていてずっと気になっていた奴寿司。いよいよ、行く機会ができました。 ランチのメニューは、おまかせ12貫の6000円のみ。息子さんたちが熊本市内でお店を出してから、お昼、夜ともにおまかせ一本に絞ったようです。 迷わないので…

サルヴァドール レピキュリアン

吉祥寺で数あるケーキ屋さんの中でも、特に行きたくなるケーキ屋さんがレピキュリアン。 土日のみ、14時ごろから少しずつケーキが並び始める。ケーキはできたそばから売れていくため、なかなかすべての商品を一度に見る機会がないのが残念。 この時は、2種類…

地牡蠣のバターソテー

牡蠣といえば、殆どが養殖のもの。しかし、牡蠣のシーズンに産地で食べられる天然の地牡蠣。 サイズは、親指ほどのものですが、味が濃い。バターソテーにすると、ものすごい濃い旨味。 海の旨味が凝縮された、地牡蠣。旨味が強いので、牡蠣ご飯にもおすすめ。

ミルフィーユ・フランボワーズ レピキュリアン(東京都武蔵野市)

空いている日にちの方が少なく、オープンしてからもまだ完全には商品が並んでいない。必ず並ぶ。 それだけ苦労して買いに行っても良かったと思えるミルフィーユが、レピキュリアン。 ミルフィーユ・フランボワーズ。 ミルフィーユのパリパリした食感とカスタ…

モンブラン コティ(東京都三鷹市)

三鷹のタルト屋さんのコティ。 お洒落な店内。コンパクトなタルト。これは、モンブランタルト。 中にはモンブランクリーム、カスタード、生クリーム。 驚いたのはタルトのフレッシュ感。タルトのサクサク具合とモンブランのクリーミーさが抜群の組合わせ。小…

ヨシカミ ロースカツサンド

うますぎて申し訳ないス!の浅草ヨシカミのロースカツサンド。 このロースカツサンドの特徴は、トーストしたパンとキャベツ。 硬くなりすぎないぐらいのローストしたパンが香ばしい。 キャベツが入っていても水っぽくならないのがまたいい。 手軽に、少しガ…

頂き物で広がる味覚

これまで食べたことがない、珍しいものをいただくと自分の味覚が広がる。 自分の好みで食は選びがちだが、他人が選ぶものから新しい食べ物をいただくことがある。 ものをいただくと、合わないとずっと残ってしまう。送った人が使い続ける前提の贈り物である…

アラン・デュカス クッキー・オ・レザン

頂き物のクッキー。アラン・デュカスのクッキー・オ・レザン。 コーヒーと共にいただきます。 クッキー・オ・レザンは、レーズンのクッキー。 見た目はチョコチップクッキーかなと思いきや、レーズンでした。 そして、想像を超える生地の硬さ。この硬さがク…

ウフフドーナチュ イチゴ味

可愛い名前とイラストのウフフドーナチュ。今日はイチゴ味を頂きました。 イチゴ味のチョコレートがかかったオールドファッション。 コーヒーとともに。 しっとりとした生地がとてもいい。見つけると、つい購入したくなる。次の日の朝が楽しみになるから。

大益

お寿司が食べたい時に、候補に上がる大益。 この日はランチで伺いました。 ランチは3800円です。 まずは、青菜のお浸し。少しごま油の風味がします。 マグロの赤身。 若狭ぐじ。皮目をあぶり、ゆずの香り。 鰆。これも皮目を炙ってある。 渡蟹の赤だし。 ヤ…

シュガーバターの木 ヘーゼルショコラサンド

東京駅のお土産のシュガーバターの木。 様々な種類のシュガーバターの木がありますが、今回はヘーゼルショコラサンド。 サクサクとした食感が特徴的。なかなか美味しいお菓子なのです。

ブラックサンダーガトーショコラ

チョコレートの駄菓子として、このところよく目にするブラックサンダー。 この会社は、いろいろな商品を打ち出しているので面白い。 キオスクで購入したブラックサンダーガトーショコラ。 小さなチョコレートだが、ちゃんとガトーショコラ感を出している。

すし蓑

仙台で行ってみたかった「すし蓑」。食べログで上位に入っているので、気になっていた。 たまたま当日に予約が取れたので、ありがたく向かう。 最初に嫌いなものがないかを聞かれ、飲み物を注文。 カウンターで、仕事を見ながら待つ時間は至福。 最初に出た…


sponsored links