くらしのちえ

良いものは作り手の知恵が詰まっています。選んだもので暮らしはつくられます。そんな暮らしの一部を紹介します。

かんがえ-食

伊勢廣

やきとり重、四本。

豆腐

豆腐。高菜や辣油。

そら豆と自家製辣油の和え物

そら豆と自家製辣油を和えたもの。

ふき

高菜炒め

胡麻油の油分と高菜のしょっぱさが絶妙な具合。

サーモン

脂の乗りが凄まじいサーモン。

カレー

ランチのカレー。

しらす

しらすの釜揚げ。

モモ肉

牛もも肉。赤身主体。

スナップエンドウ

とうもろこしのような甘さのあるスナップエンドウ。柔らかな歯ごたえと甘さがとてもよい。

しめ鯖

しめ鯖を安心して食べる為の必要な作業は、冷凍すること。24時間冷凍すれば、アニサキス中毒を避けることができる。

剥きたての牡蠣フライ

カキフライを作るときにも、殻から剥いて作る牡蠣フライは食感からして違う。やや硬めな歯ごたえ。薄い衣がダイレクトに牡蠣の食感を損なわず味わえる。

天草蛸

天草の蛸。味が濃い。

鯵の干物

この鯵の干物は丸々太って脂の乗った美味しいもの。

メジナの干物

たくさん釣れたメジナを干物に。塩をしてピチットシートで冷蔵庫で一晩寝かせだけで簡単干物。

沖縄産のマグロ

マグロというと寒い場所で取れるイメージだったが、沖縄でも取れる。 本マグロの赤身。

じゃがいものミートソースチーズ焼き

小肌と韮のぬた

釣りたての小肌と韮を酢味噌とあわせたぬた。少しずつ食べると滋味がする。

天草タコ

天草の茹でタコ。タコの味が濃い。

ふきの煮物

ふきの煮物。油揚げも一緒に。

メジナ刺身

5月の時期のメジナ。腹に脂がたくさん蓄えて、身にも脂が回る。冬の時期よりも少しクセがあり、チヌのよう。

コノシロの卵

コノシロの卵。卵が大きくても、身に脂が乗っている。

辛子蓮根

小ぶりな辛子蓮根

うどん

うどんとベラの煮付け。

本マグロ赤身

本マグロの赤身。沖縄産のもの。鉄分が強め。

メイタカレイ

メイタカレイの刺身。活けのものを手早く下ろして刺身にすれば、もちもちの食感で旨味のある。

きびなご塩焼き

きびなごの塩焼き。小麦粉を振ってフライパンで焼くと、絶品。

焼き鯖寿司

道の駅のお惣菜の焼き鯖寿司。天草の鯖を使っている。

豆ご飯

グリンピースの豆ご飯。土鍋で炊く。


sponsored links