くらしのちえ

良いものは作り手の知恵が詰まっています。選んだもので暮らしはつくられます。そんな暮らしの一部を紹介します。

かんがえ

南へ行けば暖かい。広州と香港の旅(5)ラストの飲茶と帰国後の楽しみ方

6日(最終日)と帰国後の楽しみ 5日目の続きです。 www.kurashichie.com ラストの飲茶はホテルにて フライトは11時台になったので、荷物を持って最後の朝飲茶。ホテルでいただきました。あたたかいポットたっぷりのお茶をすすりながら飲茶を待ちます。 肉…

漫画のメディアとしての未来

漫画が娯楽のためのメディアから、情報伝達するメディアとして機能しだしている。 漫画は、活字だけではなく、絵とともに、描写される。そのため、まだ、文字から概念的に再現される状況を読み解く能力の発達途中の子供のための娯楽であった。しかし、漫画が…

テープ起こしを楽にするソフトウェア

録音したデータの文字起こしを楽にするソフトウェアとして、Interviewを使っています。 nagagutsuhenshujo.blogspot.jp このソフトウェアを使うことで、再生、停止、巻き戻しをショートカットキーを使ってできるようになるので、録音機を操作する必要がなく…

バケットリストの意味

最高の人生の見つけ方(英語タイトルはThe Bucket List) をみた。 ガンに侵され余命宣告を受けた2人の男が、死ぬまでにしたいことをリスト化する、そしてそれを実現していくという映画である。 最高の人生の見つけ方 (字幕版) 発売日: 2013/11/26 メディア:…

南へ行けば暖かい。広州と香港の旅(5)香港のお粥と広州の水餃子に溺れる

5日目(1月2日):香港のお粥と広州の水餃子に溺れる 4日目の続きです。 www.kurashichie.com 香港最後の朝はお粥でスタート「生記粥品専家」 13時発のホンハム→広州東駅のスケジュールでしたので朝はゆっくり香港を楽しみます。トラムに乗ってお粥屋さんへ…

南へ行けば暖かい。広州と香港の旅(4)「赤」は四川、「白」はお粥、「六福」。縁起担ぎの言葉で迎えるお正月。

4日目(1月1日):香港の赤(四川料理)、白(お粥)、六福、満月。縁起担ぎの言葉で迎えるお正月。 1日目 2日目 3日目。 4日目のスタートです。 お粥の朝でスタート 香港の朝はお粥でスタートです。一年前にお粥の美味しさに目覚めたお店です。 疲れて…

うなぎのまつかでは肝焼きを必ず頼むべきである(長野県松本市)

半田市で漬物が食べ放題でうなぎの良店「たま川」を紹介した。 漬物食べ放題の飾らぬ良店「うなぎのたま川」(愛知県半田市) - くらしのちえ その際、肝焼きの名店として、松本市の「うなぎのまつか」の名を出したが、まだ紹介していなかったので、今回紹介…

南へ行けば暖かい。広州と香港の旅(2)食べるエネルギー

2日目(12月30日)「所謂広州名物をちょこちょこ巡り、食べる」編 一日目はこちら www.kurashichie.com 沙面へ出発 少し遅く起きた朝。洗濯機を試しに空回ししてみます。三洋製の洗濯機、この旅で大活躍してくれました。広州の乾燥した空気が洗濯物をすぐに…

利苑酒家で食べるべきデザート「楊枝甘露」

香港が本店の利苑酒家。こちらのお店のローストポーク冰燒三層肉(Crispy Roasted Pork)を紹介しましたが、デザートの楊枝甘露(Chilled Mango Sweetener with Grapefruit and Sago)も最高でした。 www.kurashichie.com 楊枝甘露は、マンゴーピューレにミ…

利苑酒家で食べた究極のローストポーク「冰燒三層肉」

香港に本店を持つ、利苑酒家(Lei Garden)。こちらのお店は、中国にも支店を持っていて、今回広州で利苑酒家に行きました。 そこで食べたローストポークが、大変美味しかった。冰燒三層肉(Crispy Roasted Pork)という名前の料理になります。 皮、脂身、赤…

南へ行けば暖かい。広州と香港の旅(1)粥から始まる旅

初の広州と再訪の香港 お正月は日本より暖かい国へ行きたい。旅程は12月29日〜1月3日までの5泊6日。広州と香港のエネルギーを受け止めながら過ごした6日間でした。「食は広州に在り」の広州の空気を知ること、そして、広州から列車で2時間の香港を再訪する…

広州のタクシー事情

広州、香港の旅では、船、高速鉄道、タクシー、トラム、ミニバス、地下鉄など、沢山の乗り物に乗りました。 その中で、今回印象深かったのが、広州でのタクシー。 これまで、中国には頻繁に行っていたのですが、ここ5年ほど中国には行っておりません。今回、…

不快は快にするチャンス。雑誌でスリッパを作った話

あけましておめでとうございます。 大晦日、香港のホテルにチェックイン。スリッパがないことに気づき、はたと困りました。靴を履いて歩いた場所を素足で歩くことに対する抵抗。 明日買いにいかねばと思って寝ましたが、朝目覚めて、思いつきました。スーツ…

食は広州にありというキャッチコピー

「食は広州にあり」というキャッチコピーは強烈です。 この一言が、今回の旅行を決めました。 果たして、食は広州にあったのか。これを確かめるために広州に来ています。 食は広州に在り (中公文庫) 作者: 邱永漢 出版社/メーカー: 中央公論社 発売日: 1996/…

広州で見た不思議なもの

中国・広州市に来ています。 ここで見たちょっと不思議なものをご紹介。 オート三輪でしょうか。気持ちよさそう。 道に書かれたトラの落書き。NO Pain, no gain. イオンで売っているお寿司は、サーモンだらけ。 ポテトチップス、きゅうり味、トマト味。 スト…

ダンディゾンのシュトレン

吉祥寺の名店パン屋、ダンディゾン。 ときどき食べるパンだから、Dans Dix ans | ダンディゾン こちらのシュトレンがとても美味しいものでした。 箱を開けるとシュトレンの説明書きが入っています。 こだわった食材を使って作られたことが記されています。国…

長崎から、しめ鯖の贈り物

しめ鯖の贈り物をいただきました。長崎の素晴らしいお店、自家製のしめ鯖です。 しめ鯖を贈り物でいただいたのは、はじめての経験。とても嬉しかったです。 しめ鯖1尾分、燻製鯖が半身をセットにして送ってくれました。 全て下処理をしてあり、あとは薄皮と…

簡単、焼きロマネスコ

カリフラワーの一種、ロマネスコ。これをシンプルに美味しく食べる方法はただ、弱火で焼くことです。 今回、焼きロマネスコを作りました。 作り方は簡単。フライパンに切ったロマネスコを並べ、じっくり弱火で焼くこと。 これが一番、甘さが引き立つのです。…

生木きくらげの鍋

生きくらげの食感を味わう鍋です。 コリコリ、シャキシャキ、むにゅむにゅ。 美味しい豚肉とともに。自家製ポン酢と頂きます。 寒い日は、鍋ですね。生きくらげのこりこりを一度味わうとやめられません。 sponsored links // --------------------------- 「…

アメリカ産の山田錦を使った獺祭がもたらす日本酒革命

獺祭がアメリカ生産をはじめるというニュース。このアメリカ生産のインパクトについて、取り上げてきました。 www.kurashichie.com アメリカでは、低価格のアメリカ産日本酒(宝、大関、月桂冠などの現地法人のサケ)と、高価格の日本産日本酒の中間の市場に…

世界の日本酒事情

今、日本酒は世界で飲まれています。 日本での生産量は右肩下がりになっていますが、世界では日本酒は成長産業となっています。こうした動きを睨んで、獺祭が海外生産をスタートさせることが、ニュースになっていました。 www.kurashichie.com では、世界で…

獺祭の海外生産がひらく日本酒の未来

獺祭について、記事にした昨日。すごいニュースが入ってきました。獺祭がアメリカで日本酒を生産をスタートさせるそうです。 www.nikkei.com 獺祭は、アメリカの料理学校「カリナリー・インスティテュート・オブ・アメリカ」と組んで、アメリカで日本酒生産…

獺祭「逆境経営」を読む

カワウソのまつりと書いて、獺祭。 日本を代表する山口の日本酒です。プレミアムが付いて、酒販店で高く販売されていて、「獺祭を高く買わないでください」という広告を出すほど、人気なお酒です。 しかし、この獺祭人気は、1984年に旭酒造の三代目として後…

自分のやりたいことを誰かに許可されることを待たない

久々に取り出して読んだ本をご紹介します。ティナ・シーリグの『20歳のときに知っておきたかったこと』です。 20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義 作者: ティナ・シーリグ,Tina Seelig,高遠裕子 出版社/メーカー: CCCメディアハ…

夢実現の方法論

森博嗣さんの本『夢の叶え方を知っていますか?』。極めて本質的な方法論を提示しており、それを自ら体現していることがすごいと思った。 夢の叶え方を知っていますか? (朝日新書) 作者: 森博嗣 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2017/01/13 メディア:…

切り干し大根ときのこの豆乳汁

干し大根入りのキノコ豆乳汁を作りました。 干し大根の自然な甘み。ほっとする美味しさがあります。きっと豆乳にも合うと思って入れてみたら大正解。味噌で味付けしただけですが遠くで茶碗蒸しのようなほっとする味わいのボリュームあるおかず味噌汁になりま…

すき焼き後のかぼちゃの煮物

すき焼きの残り汁で、旨みたっぷりかぼちゃの煮物を作りました。 すき焼きの煮汁が残りました。うどんもおいしいですが、おかずになる一品が欲しいなと思い、大きく切ったかぼちゃを入れてみようと思い煮物が完成。楽々で、鍋の旨味を逃さず頂くかぼちゃの煮…

近江屋ではあんドーナツを買うべし

洋菓子屋さんの近江屋洋菓子店ですが、懐かしいパンも作っています。 その中でも、隠れた逸品を発見しました。 あんドーナツです。 きらびやかな洋菓子に囲まれているなかで、茶色い丸い地味な存在ですが、とにかく買ってみてください。 今まで食べたあんド…

アジをたくさんもらったら「漬けアジのごまと生姜和え」

新鮮なアジをたくさんいただきました。 1日では食べきれないアジを使って、アジの刺身の漬けを作り、ゴマと生姜で和えてみました。 アジの刺身の上に山盛りの生姜を乗せ、その上にゴマをかけます。 このゴマも知り合いの作った国産のゴマです。上から眺める…

真っ白な具材を使った豆乳鍋のつくり方

濃厚真っ白豆乳鍋 濃厚な豆乳を見つけたので、豆乳鍋です。真っ白な豆乳そのものの色を活かしたかったので、味噌で味付け。濃厚なまあるい味わいにほっと和みます。 白い具材を選びます 具材も白いものを厳選しようと色から着想。冷蔵庫の中の白いもの、えの…


sponsored links