読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くらしのちえ

良いものは作り手の知恵が詰まっています。選んだもので暮らしはつくられます。そんな暮らしの一部を紹介します。

有次雪平鍋ひとつで鍋三昧

たべもの たべもの-料理 くらしのもの くらしのもの-料理の道具

有次の雪平鍋とカセットコンロさえあれば、冬のメニューに困りません。

今年もいろいろな鍋ができました。13種を一挙にご紹介。

 

1 すき焼き

薄口醤油をブレンドした濃いすぎない味つけで。我が家では、井上醤油店 うすくち仕立てじょうゆ 井上 こはくを使っています。

f:id:kurashi_chie:20161030053358j:plain

 

2 アベックラーメンで作る鍋

熊本のソウルフード、五木 アベックラーメン (棒ラーメン)のスープで作る鍋。

インスタントのスープだって美味しい鍋の素。おろしニンニクをプラス。

f:id:kurashi_chie:20161223075110j:plain

 

3 真っ白 豆乳鍋

だし1:豆乳2で作る濃厚な豆乳鍋。味つけは白味噌。

豆腐とえのきと鶏肉入り。ポコポコ湯気が立つ真っ白い鍋を食べると、角が取れて丸い気持ちになる。

f:id:kurashi_chie:20161223101808j:plain

 

4 サワラ鍋

脂ののったサワラをポン酢で食べる。

サワラのしゃぶしゃぶ風。質素に見えるが、サワラはこの食べ方が一番美味しい。

f:id:kurashi_chie:20161223074057j:plain

 

5 いい豚肉を楽しむしゃぶしゃぶ

旨味の強い豚肉は、具を多く入れない鍋で。肉から目を離さずにさっと引き上げて食べる。1枚1枚、この繰り返し。

f:id:kurashi_chie:20161223074137j:plain

 

6 鶏肉ともってのほか(食用菊)

鮮やかな黄色の菊の花びらに目を奪われる。塩味ベースのスープにこんがり焼いた鶏肉を入れて。

f:id:kurashi_chie:20161114205737j:plain

 

7 おでん

大鍋で作ったおでんを雪平鍋に移せば、少量なのに盛りがよくなる。

おでんはぎっしり鍋に詰まっているのが気分がいい。

f:id:kurashi_chie:20161109212803j:plain

 

 

8  みぞれ鍋

カツオ出汁ベースのスープに大根おろしをたっぷり入れる。大根おろしを食べる鍋。

大根からも旨味が出る。大根半本分の強力な味わい。

f:id:kurashi_chie:20160817042913j:plain

 

9 ちゃんぽん鍋

ピーマンだって鍋に使いたい。かまぼこのピンク、野菜の緑・赤、キクラゲの黒。一番カラフルな鍋ができた。

白味噌とすりおろしニンニクと牛乳で濃厚な豚骨風。

f:id:kurashi_chie:20161106184416j:plain

 

 

10 ハマグリ鍋

ゆっくりじっくり開くのを待つ。ゆっくりと旨味を抽出し、ハマグリスープができてから、野菜をたくさん入れた。 

f:id:kurashi_chie:20161223075137j:plain

 

11 きのこの辛い鍋

豆板醤と白味噌とニンニクのすりおろしで中華風鍋。

舞茸と豚バラが濃厚なスープによく合う。汗をかく鍋。

f:id:kurashi_chie:20161223101102j:plain

 

12 トマトすき焼き

トマトの旨味は、和食にも合う。すき焼きが一気に軽くなった。

f:id:kurashi_chie:20161223101746j:plain

 

13 鴨とセリの鍋

鴨とセリは黄金の組み合わせ。スープは薄口醤油と日本酒。鴨旨味を吸って豆腐が輪郭を表す。セリは根っこも鍋に入れること。とても美味しいので、根っこは捨てないで。

f:id:kurashi_chie:20161223132214j:plain

 

 

 直径18センチで軽くて使い易い雪平鍋だからこそ、気軽に新しい味つけにチャレンジができます。土鍋だったらこんな発想は生まれなかったかもしれません。

 

 

関連記事


 

sponsored links
 

 

---------------------------

「くらしのちえ」を気に入っていただけた方は読者ボタンをポチッと押していただければうれしいです

twitterでブログの最新情報やアイデアを発信しています、こちらもぜひフォローお願いします

 --------------------------

 


sponsored links