読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くらしのちえ

良いものは作り手の知恵が詰まっています。選んだもので暮らしはつくられます。そんな暮らしの一部を紹介します。

かんたろうのうな重とのりしおポテトチップス(静岡県浜松市)

静岡県浜松市へ行ってきました。浜松市といえば、鰻が美味しいお店がたくさんあります。

 

今回ご紹介するのは、鰻のかんたろうです。

 

浜松うなぎ/関西風炭焼うなぎのかんたろう

 

 

f:id:kurashi_chie:20170418185404j:image

かんたろうは、浜松駅から車で10分ほどのところにあります。車がないと行きづらい点は不便です。でも、わざわざ行く価値のある鰻を食べられるのです。

 

こちらの鰻は、関西風の蒸さないパリパリとした鰻。厚みがあるので、表面はパリパリなのですが、中はしっとりとしていい感じの食感です。備長炭を使った焼き方をしているので、炭の香りもします。タレはやや、甘め。お米ふっくら。

 

f:id:kurashi_chie:20170418185322j:image

うな重は、2780円です。肝吸い、香の物つきです。

 

そしてこちらの鰻とともにオススメなのが、お漬物盛り合わせ。このお漬物盛り合わせは、二人以上で行く場合は注文するといいと思います。

 

f:id:kurashi_chie:20170418210901j:plain

 キレイなお漬物ですね。

 

f:id:kurashi_chie:20170418211004j:plain

 

もし、かんたろうに行く日が休日で、運転をしないのであれば一献も。お酒は剣菱。燗にするといい気分。

f:id:kurashi_chie:20170418211041j:plain

 

剣菱をいただくようでしたら、肝焼きもぜひ。苦味がいい。

 

f:id:kurashi_chie:20170418211430j:plain

 

そして、4人ぐらいの大人数で訪問するときは、白焼きを頼むのもオススメです。わさびと食べると、うな重とは違う食感で楽しめます。ただし、2名でコレを頼むとお腹いっぱいになって食べきれないかもしれません。

f:id:kurashi_chie:20170418211504j:plain

 

 

鰻を堪能しました。さて帰ろうかと、お会計をしようと思ったところに、レジでポテトチップス「浜名湖産ののりとしおポテトチップス」を売っていることが目につきました。このポテトチップスは何ぞと、購入していみました。浜名湖産ののり、焼津の海洋深層水塩を使ったご当地ポテトチップスのようです。

 

f:id:kurashi_chie:20170418184955j:image

 

地元物のを使ってポテトチップスを開発しているとのこと。お値段350円と、ポテトチップスとしては、そこそこします。 f:id:kurashi_chie:20170418185015j:image

 取り出してみたときの写真です。厚切りのポテトチップスでなかなかよろしい味。お土産には特別感があって良いですね。

f:id:kurashi_chie:20170418185035j:image

 

 

さて、今回、関西風の鰻をだす、「かんたろう」と浜名湖産ののりを使ったポテトチップスのご紹介でした。

「かんたろう」は浜松駅からだと10分ほど車で行かなければならないのですが、その価値のあるお店だと思います。休日にゆっくりと剣菱を傾けつつ肝焼き、お漬物などをつつきながら鰻を待つと最高の1日が過ごせることと思います。

 

sponsored links
 

 

---------------------------

「くらしのちえ」を気に入っていただけた方は読者ボタンをポチッと押していただければ最新の記事がご覧いただけます。

twitterでブログの最新情報やアイデアを発信しています、こちらもぜひフォローお願いします

 --------------------------


sponsored links