読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くらしのちえ

良いものは作り手の知恵が詰まっています。選んだもので暮らしはつくられます。そんな暮らしの一部を紹介します。

柳宗理フライパン (東京都)

くらしのもの くらしのもの-料理の道具


「鉄は素材の味をおいしくする。使った数が使いやすさに比例するフライパン。」

 

https://www.instagram.com/p/BIOKvX8DLBy/

Fly

・大きさと深さが何をするにもちょうど(2人分)

・蓋付き

・繊細すぎない

 

結婚式の引き出物カタログ。不要なものを選んでしまう失敗続きで、

初めてああ良いものを選んだと思えたのがこのフライパンだった。

ロングセラー、有名なのには訳があることを知った。

柳は設計図を書くのではなく、粘土で形を作りながら試行錯誤して、

鍋やボウル等の形を決めていったらしい。使い心地がよいのは身体感覚から

生まれた形故か。

しばらくして柳のステンレスボウルとザルを買ったら、これまた正解だった。 


ステーキ、トースト、天ぷら暖め、カレー、煮魚、卵焼き、麺を茹でる…

フライパンの概念にとらわれず何にでも使ったらよいのだ。

深さと大きさは1~2人暮らしには何とも万能。蓋がついているから更に万能。

結婚するまで雪平鍋とこのフライパンで事足りていた。

鉄ゆえに使った後は再度火にかけて油を馴染ませておかないと

錆びるけれど、タワシでゴシゴシ擦れる頼もしさは鉄ならでは。

たくましい男のフライパンだ。

f:id:kurashi_chie:20160803054313j:plain

鉄の力で美味しくなる野菜。弱火でじっくり。オリーブオイル焼き

f:id:kurashi_chie:20160818050452j:plain

唐揚げの温め。パリッと仕上がるし、余分な脂がじわじわ出てくるので

キッチンペーパーで拭き取る。少し焦げ目が付くまで。ごく弱火がポイント。

 

f:id:kurashi_chie:20160818050629j:plain

たっぷり野菜炒めも鉄の力で美味しくなる。強火で火力を活かして。

(玉ねぎ大1個、人参1本、キャベツ6分の1玉)


テフロン加工のフライパンは扱いが便利だけど、

使った分だけ加工が剥がれて、劣化する。

鉄は使う分だけ油馴染みがよくなり、滑りがよくなる。

使う分だけ使い勝手がよくなる。そんなフライパンはそう簡単には捨てられない。

 

 

 

sponsored links
 

 

---------------------------

「くらしのちえ」を気に入っていただけた方は読者ボタンをポチッと押していただければうれしいです

twitterでブログの最新情報やアイデアを発信しています、こちらもぜひフォローお願いします

 --------------------------

 

 


sponsored links