読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くらしのちえ

良いものは作り手の知恵が詰まっています。選んだもので暮らしはつくられます。そんな暮らしの一部を紹介します。

一飯一土鍋汁のすすめ

「家にあるもので作る」。そんなときに、さっと出来て、じっくり味わえる。その代表格は、ご飯に具沢山のお味噌汁です。外食では出会えないであろうご馳走だと思っています。

寒い日に、家の中で土鍋で作るお味噌汁を添えて、炊きたてのご飯を静かに食べていると、ほっと落ち着きます。

f:id:kurashi_chie:20170112213701j:plain

 

今回のメニューは、「もちきびご飯」と「鯖缶のつみれ汁」です。

 

もちきびご飯

もちきびは、長野県へりんご狩りに行った際に購入しました。

りんごの木のオーナー制度の楽しみ方 - くらしのちえ

松本の道の駅にはいつも数カ所立ち寄るのですが、今まで気づかなかったもちきびの存在。

写真はすでに1.5合くらい使用した後なので、減っていますが、この量で500円で…と思うほどたっぷり入っていました。

f:id:kurashi_chie:20170112213508j:plain

 

もちきびの割合

もちきびの割合は、白米1.5合にもちきび0.5合です。水加減は2合の目盛りより少し少なめで炊きました。

※もちきびはつぶが細かいので、茶こしのような網目が細かいザルで洗って入れます。

 

 

独特のもちもち食感と甘みとコク

白いご飯に入れて炊くと、独特のもちもち食感がたまりません。そして黄色いツヤツヤしたご飯の甘い香りに誘われて、ついつい杓文字から炊き立てをつまみ食い。

梅干しや漬物を合わせるよりも、相性がいいのは「塩」だけかもしれません。甘みとコクがました、ご飯のほのかな味を楽しみます。 

f:id:kurashi_chie:20170112213551j:plain

 f:id:kurashi_chie:20170112213626j:plain

 鯖缶のつみれ汁

しっかりしたお味噌汁を合わせたかったので、鯖缶で作ってみました。初実験です。

f:id:kurashi_chie:20170113053049j:plain結果は、加熱加工済みの魚なので、たんぱく質がすでに凝固している。それをつみれにして片栗粉で無理に固めるという、つみれの作り方なので食感が「ふんわり」ではなく「もっちり」。めずらしい食感となりました。

 

でも食べ進めていくうちになかなか美味しい。野外で調理をして食べているときのような気持ちになってきました。

つみれにしたことで、食べ応えも増します。

それにしても、鯖の出汁はすごい。旨味溢れる汁物になりました。

f:id:kurashi_chie:20170113050645j:plain

 

f:id:kurashi_chie:20170113145106j:plain

 

土井善晴さん的「お味噌汁」の考え

暮らしの手帖で土井善晴さんの「お味噌汁」についての記事があります。

暮しの手帖社 | 暮しの手帖83号「土井善晴さん『汁飯香』のお話」

雑誌の記事には土井さんの自由なお味噌汁ライフの写真が掲載されていました。どんなものでも具材になる。そして具沢山が美味しい。家庭で作る自由さと伸びやかさが溢れていました。 同じような考えを少し応用して、土鍋を使ってやるととても豪華な食卓になることがわかりました。

 

一飯一土鍋汁のすすめ

ほかほかご飯に、土鍋で具沢山のお味噌汁。この2品でゆっくりとした食事の時間が進みます。

おかずがたくさん並ぶ食卓も嬉しいけれど、音のない静かなテーブルで、もくもくとそしてゆっくりとご飯に向かう時間もいいものです。

そして、土鍋を使うので、冷めたらまた温め直すことが簡単にできます。食卓で汁をよそう行為も楽しいです。

 

素朴なものこそ美味しい。

f:id:kurashi_chie:20170112213701j:plain

  

 

暮しの手帖 4世紀83号

暮しの手帖 4世紀83号

 

 

一汁一菜でよいという提案

一汁一菜でよいという提案

 

 

関連記事

りんごの木のオーナー制度の楽しみ方 - くらしのちえ

ロボットがソフトクリームを作る 開運堂(長野県・松本市) - くらしのちえ

信州・松本で食べる広東料理 驪山 (長野県松本市) - くらしのちえ

 

sponsored links
 

 

---------------------------

「くらしのちえ」を気に入っていただけた方は読者ボタンをポチッと押していただければうれしいです

twitterでブログの最新情報やアイデアを発信しています、こちらもぜひフォローお願いします

 --------------------------


sponsored links