読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くらしのちえ

良いものは作り手の知恵が詰まっています。選んだもので暮らしはつくられます。そんな暮らしの一部を紹介します。

東京會舘マロンシャンテリー

たべもの たべもの-銘菓 くらしのもの くらしのもの-生活の道具

バレリーナのようなケーキに出会いました。

f:id:kurashi_chie:20170219081022j:plain

東京會舘のマロンシャンテリー

名前から気品ある香りが漂います。

東京會舘マロンシャンテリー

お値段は、1個980円でした。

生クリームと栗だけのケーキです。「とても美味しいのよ」と御年70になる女性から前々からうかがっておりました。歴史ある東京會舘の伝統のケーキです。

f:id:kurashi_chie:20170219080830j:plain

 

ケーキへの期待を高めるパッケージ

専用のパッケージに大切に保護されています。

透明のパッケージの両サイドから見えるケーキ。ショウケースに大切に入れられているような、「大事にしてね」という声が聞こえて来るようです。

ケーキの様子が見えるので、持ち運びにも安心です。

f:id:kurashi_chie:20170219080749j:plain

箱を開けると保冷剤がケーキの箱の底に入っています。保冷剤を入れることを前提に設計されたパッケージ、さすがです。f:id:kurashi_chie:20170219080851j:plain

 

技術を食べるケーキ

白一色の生クリームが作る形は職人の手動きの形跡そのもの。技術が詰まっています。

しばらく見とれておりました。華奢なバレリーナのよう。

f:id:kurashi_chie:20170219081022j:plain

f:id:kurashi_chie:20170219081058j:plain

 

ゆっくりと味わうケーキ

生クリームの滑らかさと、香りある栗のほくほく。生クリームと栗の濃度が共存し合っています。複雑な味ではありません。素直に食べるケーキ。ダークなコーヒーがよく合います。

明治期に作られた青磁のそば猪口にコーヒーを入れて一緒に食べました。

https://www.instagram.com/p/BQq0daWFc-x/

 

フォークを入れると中には黄色の栗がほろほろと出てきます。

f:id:kurashi_chie:20170219081124j:plain

f:id:kurashi_chie:20170219081147j:plain

こんなに繊細で素朴な美しさのケーキ、なかなかないものです。

 

 

sponsored links
 

 

---------------------------

「くらしのちえ」を気に入っていただけた方は読者ボタンをポチッと押していただければうれしいです

twitterでブログの最新情報やアイデアを発信しています、こちらもぜひフォローお願いします

 --------------------------


sponsored links