読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くらしのちえ

良いものは作り手の知恵が詰まっています。選んだもので暮らしはつくられます。そんな暮らしの一部を紹介します。

親子茶碗蒸し

たべもの たべもの-料理 かんがえ かんがえ-食

ホールケーキは嬉しいです。茶碗蒸しもホールにします。大きな茶碗蒸し。崩しながらスープのようにいただきます。

f:id:kurashi_chie:20170218054225j:plain

 

卵と鶏スープの「親子」は中華風

卵と鶏スープなので「親子」。鰹だしだとしっかり和風の茶碗蒸しですが、鶏スープになると一気に中華なので不思議です。

味付けなしの理由は、最後にごま油と醤油を合わせたタレをかけるから。

「親子」水入らずの香り高い茶碗蒸しは、醤油とごま油にうっすら優しく包まれています。風邪をひいた時にも、おかゆ代わりになりそうな優しくて角のない味です。

f:id:kurashi_chie:20170218054339j:plain

 

 

 

材料:

・卵2個

・鳥スープカップ2

・タレ(ごま油、醤油)

※鳥スープは鳥皮をゆっくり煮出して作ったものです。冷えると表面に脂だけが黄色く固まるので脂は取り除き、澄んだスープを使います。

 

作り方:

(1)卵を溶いて鶏ガラスープを入れてよく混ぜる。

f:id:kurashi_chie:20170218055931j:plain

(2)蒸し器を用意し、沸騰したところに器をセット。

(3)ぬれ布巾をして、中火で12分蒸す。

(4)蓋を開けてふるふるに固まっていたらネギを散らす。

f:id:kurashi_chie:20170218060029j:plain

(5)ごま油と醤油を混ぜたタレをかけていただきます。

f:id:kurashi_chie:20170218054339j:plain

タレをかける瞬間。白いものに色をつけることは思い切りがいることです。 

 

蒸し器がなくても…粉ふるいが活躍

我が家には蒸し器専用の鍋がないので、こんな方法でやっています。

蒸したいものが水に触れずに高さを保っていれば良いわけで。

水を張った深い鍋に「粉ふるい」を置きます。そこに大きな深めの器を乗せます。器が粉ふるいのフチでちょうどよい高さで止まります。

ちなみに、野菜を蒸す時は粉ふるいをひっくり返せば、網の上に置けます。

 

トマトを入れても美味しい

トマトを入れた茶碗蒸しです。少し分離しますが、新しいスープと思うと面白い。

チーズを入れても合いそうです。

f:id:kurashi_chie:20170218060303j:plain

 

 

sponsored links
 

 

---------------------------

「くらしのちえ」を気に入っていただけた方は読者ボタンをポチッと押していただければうれしいです

twitterでブログの最新情報やアイデアを発信しています、こちらもぜひフォローお願いします

 --------------------------


sponsored links