読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くらしのちえ

良いものは作り手の知恵が詰まっています。選んだもので暮らしはつくられます。そんな暮らしの一部を紹介します。

ファイヤーキング エクストラヘビーマグ(アメリカ)

くらしのもの くらしのもの-生活の道具

ぼってりと分厚い、無骨なコーヒーカップ

 

https://www.instagram.com/p/BJ1YuC7jrGU/

Fire king extra heavy mug #fireking #ファイヤーキング

 

コーヒーカップには、ファイヤーキングのエクストラヘビーマグを使っている。

ファイヤーキングは、アメリカのアンカーホッキング社の耐熱グラスのブランドである。1940年ごろに、ファイヤーキングブランドの生産が始まり、1976年ごろまで、この翡翠色の無骨なグラス製品を各種作っていた。しかし、その後は生産は中止された。生産が中止されてから、この製品の良さに気づく人が出てきた。日本やアメリカでは、古き良きアメリカのビンテージ製品として、比較的高値で取引されていた。

 

2011年からは、日本で人気となったためか、日本でファイヤーキングブランドを復刻し生産販売しているので、現在のものであれば、比較的手軽に入るようである。

fireking-japan.com

 

様々なタイプのマグカップがあるが、エキストラヘビーマグを愛用している。とあるカフェでファイヤーキングのエキストラヘビーマグにコーヒーを入れて提供されたことがきっかけ。この色と口に当たるときの分厚い感覚が気に入って、後日ebayで手に入れた。たしか、2008年ごろのことだが、1個50ドル程度であった。重さは、約450gもある。使い続けている今でも、分厚さと美しさが気にいっている。

 

①分厚い口当たりと重さ

コーヒーを飲む時に、この分厚い口当たりがとても気に入っている。唇の厚さぐらいの厚さで、唇にあたるときやわらかなあたり心地となる。

コーヒーは、重い飲み物という印象。一度にたくさん飲めない。ちょっとずつ飲む。ちょっとずつ飲むので、この重さはあまり気にならずむしろ、重めの飲み物を飲んでいるんだという感覚になる。ちょっとずつ大切に飲む。

また、この重さ分厚さだから、コーヒーを入れる前によくカップを温めておくと、なかなか冷めない。

https://www.instagram.com/p/BJ1dsgejdbo/

ファイヤーキング エクストラヘビーマグ

 ②食卓を華やかに彩る、翡翠カラー

翡翠色の製品はファイヤーキング以外にあまり見たことがない。食卓に一つこのカラーのマグがあるだけで華やぐように思う。

 

 

ファイヤーキングは、コーヒー専用に使っている。一方、紅茶を飲む時には、薄い口当たりの軽いカップが合うと思う。

 

自分の気に入ったコーヒーカップで飲む、コーヒータイムは至福の時である。 日常のちょっとした時間で幸せな気分になれる。

 

ファイヤーキング ジェダイ エキストラヘビー マグ

ファイヤーキング ジェダイ エキストラヘビー マグ

 

 

ファイヤーキング マグ図鑑 (単行本)

ファイヤーキング マグ図鑑 (単行本)

 

 

ファイヤーキング・パーフェクトブッ?ク

ファイヤーキング・パーフェクトブッ?ク

 

 

 

sponsored links
 

 

---------------------------

「くらしのちえ」を気に入っていただけた方は読者ボタンをポチッと押していただければうれしいです

twitterでブログの最新情報やアイデアを発信しています、こちらもぜひフォローお願いします

 --------------------------

 


sponsored links