読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くらしのちえ

良いものは作り手の知恵が詰まっています。選んだもので暮らしはつくられます。そんな暮らしの一部を紹介します。

レアジェム トートバックの使用感

くらしのもの くらしのもの-生活の道具

使用1ヶ月後の感想を「Q&A方式」でまとめました

 

レアジェムのトートバックを使い始めて1ヶ月が経過しました。

はじめは、硬かった帆布が順調に馴染んで柔らかくなってきています。

使ってわかる作り手のこだわり。値段(30,000円)の理由。使わなければその理由はわからないのだなと1ヶ月経過して実感しています。

f:id:kurashi_chie:20161115052158j:plain

 

Q:色の変化はありましたか?

A:「白いバックは意外に汚れない」ということが分かりました。もちろん、最初に比べるとややうっすらと黄色味が増してきましが。少しだけ黒い汚れもついています。でも、ピカピカよりも、少しずつ自分のものに変化しているような気がして、知らぬ間についた汚れにも寛容でいられます。

f:id:kurashi_chie:20161115051100j:plain

 

 

Q:普段のお手入れは?

A:お店の方から教わって「ブラッシングで隙間の汚れが取れるので、状態を保てる」とのことでした。ですから、週に1回、また汚れがひどいときはブラッシングをしています。ブラッシングに使っているのは洋服用のブラシです。今使っているのは柔らかいのでもう少し、ブラシの毛が硬いものが向いているかもしれませんが…。

f:id:kurashi_chie:20161115051159j:plain

 

 


Q: 重さはどうですか?

A: はじめは、バック自体が重いので、重さを感じやすいかなと思っていたのですが、持ち手が肩にしっかり掛かって重さを感じにくいです。さすがにパソコンを入れたときは重いですが…

f:id:kurashi_chie:20161115051309j:plain

 

 

Q:雨に濡れたときはどうですか?

A: 雨に濡れたとき、革がシミになるかとおもっていましたが、今の時点では全くシミになっていません。お店の方からのアドバイスで「水で濡らして固く絞った布で拭くといい」と教わりましたが、それも出来ておらず…でもシミになっていないのが嬉しいですね。
ただし、思いっきり濡れてしまったときはお店の方のアドバイスに従います

f:id:kurashi_chie:20161115051426j:plain

f:id:kurashi_chie:20161115052124j:plain

 

 

 

Q: 内ポケットはどういう使い方をしていますか?

A: ペンを2本入れています。さっと取り出せてちょうど良い深さです。ただし、パスケースを入れるにはギリギリの幅なので、取り出しがスムーズにいきません。もう少し幅の広いポケットだとありがたかったです。

f:id:kurashi_chie:20161115051453j:plain

 

f:id:kurashi_chie:20161115051552j:plain

 

 

 

Q: 使っていて意外な発見はありますか?

A: どのバックにも共通だと思いますが、バックの底には以外にゴミが溜まりやすいということです。白いバックで、床においても自立しているので底部がよく見えます。そしてよく見るとホコリや髪の毛が落ちている…。荷物を出して、バックをひっくり返してゴミをとっています。白は清潔に保ちたくなる行動に自然に誘導されますね。

f:id:kurashi_chie:20161115051845j:plain

f:id:kurashi_chie:20161115051930j:plain

 

 

Q: 他にも発見はありますか?

 A: 洋服との組み合わせを選ばないことです。カジュアルはもちろんですが、ジャケットにも合うのです。持ち手が皮で、自立したかっちりした作りゆえですね。ジャケットにも合う帆布製のトートバックはなかなかないと思います。

 

関連記事

 

www.kurashichie.com

www.kurashichie.com

 

 

sponsored links
 

 

---------------------------

「くらしのちえ」を気に入っていただけた方は読者ボタンをポチッと押していただければうれしいです

twitterでブログの最新情報やアイデアを発信しています、こちらもぜひフォローお願いします

 --------------------------

 

 


sponsored links