くらしのちえ

良いものは作り手の知恵が詰まっています。選んだもので暮らしはつくられます。そんな暮らしの一部を紹介します。

たべもの

大極殿本舗で12ヶ月を楽しみたい 琥珀流し

京都では春夏秋冬という4つの四季ではなく、もっと細分化された季節感を味わえます。冷たいデザートで季節への繊細な感度を感じるにはこちら。 暖簾が6月の爽やかな初夏の風に揺れる大極殿の甘味処「栖園(せいえん)」です。 口当たりの滑らかな寒天を、…

京都 虎屋菓寮であんみつ(京都府京都市)

和菓子をゆっくりいただく楽しみがある場所。あんみつと抹茶はゆっくりとした時間を過ごすのに最適な食べ物でした。 コーヒーをゆっくりと味わうお店にはさまざまな形態が新たに誕生しています。でもたまには趣向を変えて、和菓子と抹茶でゆっくりしたい。そ…

【ナンプラーとオイスターソースでタイの味】 インゲンガパオ

暑くなるとお酢の酸っぱさやピリッと辛いものを体が求め始めます。 おつまみにもなり、食感が面白いどこか遠くでタイの味がするような…簡単な一品です。しかも味付けがナンプラーとオイスターソースだけ。(各大さじ1ずつ) 旬のインゲン豆と豚挽き肉炒め「イ…

塩引き鮭の酒びたしのよろこび

初めての食べものはわくわくドキドキするもの。そして、その食べものが想像以上に美味しかったとき、味覚の広がりに嬉しくなります。 塩引き鮭の酒びたしに出会う 今回出会ったのは、塩引き鮭の酒びたし。手間がかかる塩引き鮭を、お酒に浸して固い身を柔ら…

崎陽軒のシウマイ弁当のつもりが、炒飯弁当

新幹線に乗って出かけるとき、ちょうどお昼ごはんや夜ご飯のタイミングと重なると、楽しみがあります。それは、お弁当を食べること。 デパ地下でおかずを買ったり、持参のお弁当を持っていったりなどいろいろな楽しみ方があります。 今回、崎陽軒のお弁当を…

三拍子そろった、手土産に最適なクルミッ子(神奈川県鎌倉市)

日持ちがして、かさばらず小さく可愛くて、そして何より美味しいお菓子を見つけると手土産の候補を見つけたということで嬉しい気分になります。 手土産にする前に、必ず自分で試してみます。それで、いいなと思ったものを手土産リストに加えます。今回見つけ…

【はじめてのアーティチョークの食べ方】アーティチョークはえだまめ的な食べものである

アーティチョーク、名前は聞いたことがあるけれど、未知の野菜。どうやって食べたらいいのか全くわからない。そんなイメージのものでしたが、たまたま機会があり、アーティチョークを食べました。アーティチョークは、「西洋のえだまめ的な食べもの」である…

かたい、かたい豆腐

どんな豆腐がお好きですか?もめん派?絹ごし派? どんなもめん豆腐よりもかたい豆腐の存在が気になってしかたありません。そして、全国にはかたい豆腐が点在します。面白いですね。 食べ応え抜群。とうふをよく噛んで食べるという非日常。かたい豆腐をいく…

つくは祢屋のういろう(愛知県名古屋市)

名古屋のういろをいただきました。江戸時代からの老舗の和菓子屋さんです。 つくは祢屋(つくはねや)と読みます。熱田神宮の御用も勤めたという老舗の和菓子屋さん。 老舗のういろは、甘さが控えめでまったりとした口当たりで大変上品なお味でした。 原材料…

たねやののどごし一番本生水羊羹

たねやの「のどごし一番本生水羊羹」。 本生水羊羹|季節菓子|たねやのお菓子 | たねや これから夏本番となる今の時期に最適なお菓子です。 本生水羊羹 ためやの「のどごし一番本生水羊羹」 は4月から9月までの限定商品。 原材料は、砂糖、小豆、寒天、グリ…

大葉とレモンの組み合わせが美味しい

初夏。爽やかさを感じるものが美味しい季節です。 美味しいなあと思ったものに、たまたま入っていた素材。それが大葉とレモンの組み合わせでしたのでご紹介。カレーと春巻きです。意外でしょう。でもきっと、とても食べたくなること間違いなしです。 まず1…

山口銘菓の御堀堂の外郎ういろう(山口県山口市)

あっさり、もっちりの和菓子が食べたい。シンプルな小豆のお菓子が食べたい。朝夕はまだ少し肌寒さを感じる6月。水羊羹に入る前にオススメしたいのが外郎です。山口県には美味しい外郎がたくさんあります。 今日は、御堀堂の外郎をご紹介。 外郎の老舗 山口…

宮崎の「味のくらや」あくまき

以前、あくまきを紹介しました。鹿児島でちまきと言えば、あくまきだそうです。 www.kurashichie.com 今回、宮崎のあくまきを買いましたのでご紹介。「味のくらや」のあくまきです。 手づくりふるさとの味 あくまき 「味のくらや」の特徴は、真空パックにな…

空豆のポテトサラダ風

空豆が旬を迎えています。さやが空に向かってつくから、空豆。いい名前がついたものだと思います。ちなみに、インゲン豆は中国の僧、隠元さんが日本に持ってきたことで「隠元豆」というそう。これは、長崎の博物館にて知りました。 さて、旬の第一号を味わう…

とらやの最中「御代の春」

ここ毎日、朝の茶会をひっそりと自宅で開催中。茶会と言っても、自分で抹茶を点てて味わうだけです。ルールを気にせずに自己流で楽しんでいます。 www.kurashichie.com 本日ご紹介するのは、とらやのもなか「御代の春」。「みよのはる」とよみます。 御代の…

御あられ処「さかぐち」のやどり木(東京都千代田区)

九段下にあるあられやかきもちの専門店「さかぐち」。 東京のあられ・おせんべい | 九段一口坂 さかぐち さかぐちでは、さまざま多岐にわたるあられを、「さかぐち」1店舗だけで販売しています。今回は、「さかぐち」のやどり木をご紹介します。 この様なパ…

京都でテイクアウトを楽しむ

外食もいいですが、休日の混雑を避けて旅でのテイクアウトはいかがでしょうか。京都の空気をいっぱいに吸いながら、京の味を楽しむのはなかなか乙なもの。 お昼はいづ重のサバ寿司と巻き寿司の切れ端。切れ端はテイクアウト限定。端っこづくしで美味しかった…

弱火で料理の味が劇的に美味しくなる

弱火でコトコト。弱火で料理するとガラリと味と食感が変わる面白さ。 じっくり火を入れたら、驚くほど味が変わります。おもしろいなあ。弱火の実験におすすめなのが「卵」と「鶏肉」です。 料理するときに、味や素材には目が行きますが、実は火加減は味に重…

朝の茶会の効用

ここ数日は、朝に抹茶を飲む、朝の茶会を催しています。 催しているといっても自分だけのために抹茶を点てるだけです。 自由に抹茶を点てれば、楽しく美味しく味わえる - くらしのちえ お湯を沸かし、抹茶を入れ、混ぜる。それだけの作業なのですが、何故か…

パブロフpavlovのパウンドケーキ

パブロフのパウンドケーキをいただきました。 横浜元町のパウンドケーキ専門店 - Pavlov(パブロフ) パブロフは、横浜元町にある、パウンドケーキ専門店。GINZA SIXにもテイクアウトのお店があります。 こちらのパウンドケーキをご紹介します。 朝、起きた…

グリーンピースとだし汁の相性

旬の時期にたっぷりと味わいたいグリーンピース。豆ご飯も好きですが、もっとたくさん食べたい。豆だけを味わいたい。そんな時におすすめなのが、浸し豆です。そう、グリーンピースをだし汁の中に浸します。 グリンピースと出汁 綺麗な緑色の豆粒が鰹だしの…

タムラ デーツ&アーモンドダークチョコレートをお抹茶と

デーツが好きで海外に行くとおみやげで買ってきます。アメリカのホールフーズに行くと、大きなデーツがとても安く買えるので便利です。 台湾でもデーツのお菓子に出会いました。デーツとクルミの手づくり菓子でした。 www.kurashichie.com そのままで食べて…

ル・グルニエ・ア・パンのクリームパン ヴィエノワ・クレーム

麹町のル・グルニエ・ア・パン。このお店は、元々はシェ・リュイの直営店である、ハナコウジというお店でした。ハナコウジは昭和56年からオープンしていた老舗。2013年にリニュアール改装して、リブランドをおこなったお店だそうです。 会社案内 知り合い曰…

はま食品のジーマーミ豆腐は風味が濃い

先日、銀座の沖縄県の物産館でとても美味しいジーマーミ豆腐を見つけました。 銀座わしたショップ本店 - 沖縄県物産公社(わしたショップ) それがはま食品のジーマーミ豆腐です。 手づくりの味 はま食品のジーマーミ豆腐 はま食品は1975年創業のジーマーミ…

シナモンガーデンのスリランカカレー(神奈川県大和市)

スリランカのカレーがきっと好きになる。 カレーの美味しさ再発見。カレーが好きで、外食なら必ずカレー。そんな時期がありました。 久しくカレー屋さんから離れていた分、今回シナモンガーデンで食べたカレーがおいしかったこと。 ホーム - cinnamon-garden…

竹苑の冰脆龍髭糖(香港)

香港土産に龍髭糖(ロンシュータン)をいただきました。龍髭糖は、麦芽糖を練りながら伸ばしを繰り返して、1万本以上の細かい糸を作り、それでピーナツなどを巻いた飴菓子です。蚕の繭のような形で面白い見た目です。 繭のような龍髭糖 今回頂いたのは、香港…

クドウのレーズンクッキー(神奈川県大和市)

クドウのレーズンクッキー。 欧風菓子クドウ 気取らないその姿とは裏腹に、よく考えられた素晴らしいお菓子です。 レーズンクッキーの秘密 パッケージのデザインは気を衒わない、どこにでも有りそうなもの。 取り出しました。表面には、二枚のアーモンドをつ…

デラックスケーキの幸せ(和歌山県田辺市)

和歌山県田辺市鈴屋菓子店さんのデラックスケーキは、食べると幸せになれるお菓子です。 鈴屋 菓子店 デラックスケーキの楽しみ デラックスケーキの楽しみは、その包み紙から始まっています。レトロなデザインながら、親しみを感じられ新しさも感じられる不…

長崎の隠れた銘菓 イタリアンチーズクッキー(長崎県長崎市)

長崎のカステラでない名物お菓子を探して出会った、ホンダ洋菓子店。 ロールケーキ|ホンダのスイスロール(長崎) 大正14年創業の長崎でも老舗の洋菓子店。「異色ある洋菓子店」がキャッチコピー。 以前、スイスロールをご紹介しました。 www.kurashichie.co…

三軒茶屋「カレーブースとんがらし」の豚バラ軟骨カレーをお持ち帰り(東京都世田谷区)

三軒茶屋にあるカレー屋さん「カレーブースとんがらし」。曰く「細胞が記憶する」絶品カレーを出す、カウンターのみの小さなお店です。 お店 お店は、三軒茶屋駅から池尻大橋に向かって歩いていくと3分ほどの場所にあります。中では女性が一人で切り盛りされ…

自家製煎り大豆の作り方

鬼は〜外、福は〜うち。節分の季節は過ぎましたが、煎り大豆はいつでもおいしい。サクサク、ポリポリ。ナッツとは違う、軽くて香ばしい美味しさがあります。 煎り大豆を作る 煎り大豆をお手製にすると、今までの市販の煎り大豆とは異なる美味しさに驚きです…

広島の鶏皮みそ煮の缶詰のお味見

呉の居酒屋では「みそだき」という鶏皮をみそで煮た食べ物があるということを、この缶詰で知りました。それが、広島のヤマトフーズの鳥皮みそ煮缶詰です。 味噌ダレを味わう缶詰 缶から取り出して電子レンジで温めてみました。缶から開けたときは、煮凝りの…

佐賀のまるまる松露饅頭(佐賀県唐津市)

可愛らしい和菓子の座を揺らがない、佐賀の大原松露饅頭。 1850年というペリー来航の3年前に創業の大原松露饅頭、唐津市の老舗お菓子屋さんです。 大原松露饅頭 トップ 豊臣秀吉の朝鮮出兵の際に高麗から輸入されたものがのちに唐津の一大産業となる陶器と焼…

カステラの陰に隠れた長崎の超個性派お菓子「スイスロール」(長崎県長崎市)

長崎といえばカステラ。旅行に行ったら、もちろん定番は抑えたい。でもローカルなお菓子を発見できるとお宝発掘のようなワクワク感がある。ガイドブックに隠れた自分で見つけたものこそ嬉しい。 さて、長崎旅行の前にリサーチして行き着いたお菓子がホンダ洋…

簡単フローズンヨーグルトの作り方

暑い日には冷たいアイスが食べたくなります。また、辛いものを食べた後口にも、一口のアイスが食べたくなるものです。先日ご紹介した、ラムパクチー鍋を食べた後にも一口アイスが食べたくなりました。 そんな時にオススメなのが、お手製フローズンヨーグルト…

暑いときこそ辛い鍋 パクチー火鍋

暑くなってきました。暑いときこそ辛い鍋。強烈な個性同士をぶつけ合う料理。羊とパクチーの火鍋です。相性のいいものは個性同士がぶつかります。鴨×セリ。牛肉×ごぼう。今回は、羊×パクチー。 火鍋(ホーコー)は中国では鍋の総称。よくお店で供される2色…

ブレッドアーエスプレッソで朝食を(長崎県長崎市)

長崎は朝の散歩が気持ちいい。朝5時に起き、観光客もほとんどいないグラバー園周辺の坂道をゆっくりと歩く。レンガ、石壁、苔、建物。その雰囲気が懐かしい時代を感じさせる。坂道が程よい運動となり、坂を登った先には長崎の海が見え心を喜ばせる。 朝散歩…

鹿児島でちまきといえば「あくまき」

鹿児島のあくまきをいただきました。あくまきは、もち米を竹の皮で包んで灰汁で茹でたもちもちした郷土のお菓子で、端午の節句の時期に食べられます。鹿児島ではちまきと言えば、このあくまきのことを指すのだそうです。 あくまきとは いただいたものは、鹿…

熊本の新鮮な魚を買うなら 上天草さんぱーる(熊本県上天草市)

道の駅めぐりが好きです。各地に出かけると必ず道の駅をめぐり、地のものを買います。多くは野菜です。野菜を育てている人がお店に持ってきて売っています。市場を介さないので新鮮で安く買えます。そして、地域ごとに野菜の種類が違うのが楽しいです。 しか…

浅草の角打ちバル 相模屋本店(東京都台東区)

浅草にある、相模屋本店。相模屋さんは、イタリアワインのインポーターとしても有名です。相模屋本店さんでは、最近角打ちができるようになりましたので伺ってみました。 ワイン輸入卸 相模屋本店 – イタリア・フランスより、味で選んだ、小規模で造り手の想…

井の頭恩賜公園100周年イベントとA. K Laboの限定お菓子

5月2日は、井の頭公園へ行ってきました。5月1日で井の頭公園開園100周年だそうです。歴史がある公園なのです。ここで、GW期間中は100周年イベントをやっているということで見に行ってきました。 inokashirapark100.com 場所は駅から15分ぐらい歩いた場所にあ…

蕪木のチョコレート(東京都台東区)

本日ご紹介するのは、台東区鳥越にある「蕪木」。 「蕪木」さんは、コーヒーを味わうカフェ。そして、チョコレートを手作りされています。店舗の佇まい、雰囲気やそして蕪木さんの所作が美しく、また、そのチョコレートが大変美味しいものでした。 「白日」…

大根おろしスクランブル

あっさりしたスクランブルエッグができました。 名前は「大根おろしスクランブル」です。 大根おろしの大活躍です。 まずは大根おろしをつくります。 大根おろしに卵を投入します。 よくかき混ぜて、焼きます。 大根と卵が混ざりあって、コロコロとしたスク…

京都いづうの鯖寿司

京都のお土産に、いづうの鯖寿司をいただきました。 京都祇園新地 いづう 京都の鯖寿司はいろいろなお店がありますが、中でもいづうは特に美味しいと感じています。だから、この鯖寿司のお土産はとてもうれしいのです。 お店で食べたこともありますが、お店…

サーモンアンドトラウト(salmon&trout)で味わうクリエイティブな料理(東京都世田谷区)

下北沢駅からあるいて10分ほどのところに、サーモンアンドトラウト(salmon&trout)があります。こちらのお店は外から見ると自転車屋かコーヒー屋さんにしか見えません。しかし、ここではクリエイティブな料理と美味しいお酒の飲める素晴らしいレストランな…

東京會舘のプティフール

以前紹介した東京會舘のマロンシャンテリー。 www.kurashichie.com 繊細で気品高い、マロンシャンテリーは日持ちもありましませんので、手土産ではやや不便かと思います。 手土産にオススメなのが東京會舘のプティフール。 プティフールデラックス M (7種20…

かんたろうのうな重とのりしおポテトチップス(静岡県浜松市)

静岡県浜松市へ行ってきました。浜松市といえば、鰻が美味しいお店がたくさんあります。 今回ご紹介するのは、鰻のかんたろうです。 浜松うなぎ/関西風炭焼うなぎのかんたろう かんたろうは、浜松駅から車で10分ほどのところにあります。車がないと行きづら…

バインミー☆サンドイッチを食べる

バインミーは、フランスパンに、なます、パクチー、お肉などを挟んだ、ベトナムのサンドイッチ。フランスの植民地だった影響でフランスパンが広く普及していて、街中で屋台で食べるファーストフードなのです。その専門店が高田馬場にあります。それが、バイ…

竹爐山房のお粥(東京都武蔵野市)

香港でお粥に目覚めて以来、これまで自作をしてきました。 香港(4)香港粥食べ比べ - くらしのちえ 香港のお粥は、日本のお粥とは違い、お米の粒が溶けて糊状です。出汁も鳥やホタテなど、旨味も十分に引き出してあるので、何も具材なしの白粥が慈悲深い味…

多彩な味わいができる塩マグロの作り方

塩マグロは水産庁の上田勝彦さんが提唱している、マグロの新しい食べ方です。 塩がマグロの生臭さを取り去るので冷凍ものマグロに最適。しかも、非常に簡単。ワサビだけで食べたり、一味唐辛子や柚子胡椒をかけたり、オリーブオイルにつけたりと多彩な食べ方…


sponsored links