読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くらしのちえ

良いものは作り手の知恵が詰まっています。選んだもので暮らしはつくられます。そんな暮らしの一部を紹介します。

日本酒とワイン、和食に合うのはどちら?アメリカで味わう日本料理Kusakabe(アメリカ・カリフォルニア州)

今回は、サンフランシスコで日本の日本料理にも負けない料理を出すお店Kusakabeを紹介します。お寿司を主体とした会席料理をいただけます、素晴らしいレストラン。そして今回こちらで試したのは、サケやワインとのペアリングです。和食に合うのは、日本酒か…

吉祥寺でピザと言えば、トニーズピザ(東京都武蔵野市)

吉祥寺。数日前に発表されたSUUMO の住みたい街ランキングナンバー1に返り咲いた街。 「2017年版 SUUMO住みたい街ランキング 関東版」を発表! 昨年1位の「恵比寿」を抑え、「吉祥寺」が1位に返り咲き|リクルート住まいカンパニー 吉祥寺の街で、ピザと言…

即興料理の龍口酒家(東京都渋谷区)

行ってきました、龍口酒家。幡ヶ谷駅構内の地下街にある即興中華料理を出すお店です。何度も再訪したい、素晴らしいお店でした。 龍口酒家のシステム このお店は独特のシステムを取っています。 ・オーダーストップを掛けるまで、自動的に人数に合わせたおま…

錦糸町のバングラディッシュ「アジアカレーハウス」(東京都墨田区)

やってきました、錦糸町。目的はバングラディッシュのカレーを食べる。それだけです。パチンコ屋さんとウインズのある通りをまっすぐ進みます。 通り過ごしてしまいました。 「アジアカレーハウス」、立ち飲み居酒屋、モツ煮込み屋、台湾居酒屋、個性あふれ…

台湾で再訪したい食堂ナンバーワン「忠南飯館」(台北市)

台湾でいくつかの食堂を訪れて「おいしい」を思ったお店。そこにはお客さんを「夢中にさせる力」がありました。 おいしいは時として、言葉よりも目で見てわかります。「夢中にさせる」台湾のおいしいお店を判別するための2つの共通点をご紹介します。 それ…

台湾「人和園雲南菜」が日本人に人気の理由

台湾の人和園雲南菜はどうして日本人に人気なのか。実際にお店に行ってその理由を考えてみました。そこには旅行者の心をつかむ色々なヒントが。 影響力ある人がお店を紹介 有名料理研究家やスタイリストの紹介 栗原はるみさんや伊藤まさこさんが著書で紹介し…

浅草に「馬賊」あり 絶品坦々麺(東京都台東区)

浅草の馬賊。それは、絶品の中国式の手打拉麵を出すお店。冬のこの時期はこのためだけに浅草まで出かけ、「馬賊」の坦々麺を食べに行きます。 店内では手打ち麺を作る音が鳴り響きます お店では、職人さんが麺を手打ちしています。その様子を見ながら、ラー…

「PATE屋」のパテでフランス風の食卓を

田園調布という都心にありながら、自然豊かな佇まい、シンプルながら洗練された深い味わいのレバーパテ。田園調布の「PATE屋」さんのご紹介です。 田園調布「PATE屋」(パテ屋) | <食>研究工房 公式サイト「たのしい集いに、パテ屋の品々を!!」 東京メト…

信州・松本で食べる広東料理 驪山 (長野県松本市)

中華料理の味の基準ができるのは、自分が一番食べた中華料理店の味によって作られるかもしれません。子供のころから慣れ親しんだ味。私にとって、それは我が家の隣にある中華料理屋さんでした。 酢豚、ラーメン、エビチリ、チャーハン、天津飯…定番のメニュ…

香港(4)香港粥食べ比べ

きっとはまる、クリーミーで濃厚な香港粥のうまさ 馴染みのあるものが想像を超える美味しさだったとき。新しい発見にとても嬉しいことはありませんか?香港のお粥には、まさに「はまる」という言葉がぴったりでした。いままで、粥なんてと軽視していたことを…

香港(1)「食得係福」の文化を味わう(香港の食文化)

食べることは幸せにつながる「食得係福」という考え方 スープ#創發潮州飯店 美味しかった記憶は身体に残る。あの食べ物を食べると蘇る風景、あの料理の匂いで思い出すこと、皆でワイワイ食卓を囲んだこと。そんな記憶につながる食の経験が豊かであるこそ幸せ…

近くの惣菜屋さん

ある惣菜屋さんの日常 ご近所に惣菜屋さんがあった。この惣菜屋さんの営業時間は夜から。明確な時間は決まってないが、17時ごろから品が並び始め、19時過ぎごろにやっと充実しだす。全品並ぶのは20時過ぎてから。お店は24時近くまでやっている。正月とあと少…


sponsored links